年度後半、そろそろ来年の手帳は何にしようかと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで知っておきたいのが、最新の手帳のトレンド。

今、手帳ユーザーが重視する要素は、「軽量志向」「自分らしい使い方」「デジタルとの併用」といいます。そこから導き出された2つのタイプの手帳について、この記事では紹介します。

日付が空白で書き込む内容の指定など、縛りが少ない

<自由派手帳>

近年、手帳の書式を無視して自分の使いたいように手帳を使うユーザーが増えている。最たる例がデイリー手帳を毎日の日記や趣味の記録のように使うというものだが、その流れを受けて、日付などの縛りが少ない「自由派手帳」に注目が集まっている。

自由派手帳の特徴は、日付が空白になっていて余白が多く、何を書くかという指定がほとんどないページがあること。それを自分なりにスケジュールやアイデア、ふせんなどで埋めていくことにユーザーが楽しさを感じているようだ。来年は限りなくノートに近い自由な手帳が増えていくに違いない。

オススメは、日付、曜日、時刻は印刷されているが、目立ちすぎないよう薄く小さくなっているスタロジーの「365 デイズノート」(A5、1800円)。名前の通りスケジュール管理はもちろん、一般的なノートと同じように使うことができる汎用性の高さが人気だ。TODOリストやアイデアノートなど、その日必要な用途に使えるため、これ一冊で仕事関連の情報はばっちり収容できるだろう。デイリー手帳としてスケジュール管理できるほか、日記帳やアイデアブックとしても使える。全368ページもある割に薄めで、持ち歩きが楽なのも魅力。A6、B6、B5サイズもある。