食欲の秋がやってきた。美味しいものを食べたい、けれども太りたくはない・・・そんなジレンマを抱えた人がやりがちなのが、サラダを中心にした食事に、時々スイーツを「ご褒美」として食べる、という食生活。

カロリーの低いサラダ中心の食事で総カロリー数を増やさなければ、標準体重を維持できることは確かだ。しかし、体重が増えなければ問題がないとは言えない。実は、体内のある臓器には知らず知らずのうちに脂肪が蓄積されているのだ。

日本抗加齢医学会専門医の西﨑泰弘教授(東海大学医学部付属病院健診センター長)はこう語る。「近年、サラダとスイーツのみ、という偏ったダイエットを続けることで、肝臓に脂肪が溜まる若い人が増えています。このような食事を続けると、いずれ肝臓の解毒機能が落ちて身体の代謝能力が低下しやすくなります。結果、『脂肪肝』になって中年太りにもつながりやすいのです」

倦怠感に肌荒れも。「脂肪肝」発症後に起こる"異変"

「脂肪肝」とは、肝臓に脂肪が30%以上溜まった状態のこと。脂肪肝になると、血液検査をする際に「γーGTP」をはじめとした肝機能の数値が異常を示すようになる。血液検査の数値が正常であっても、肝臓に脂肪が溜まっているかどうかは超音波を応用した「ファイブロスキャン(FibroScan)」という検査機器を使えば、体の外から調べることが可能だ。

それでは、脂肪肝になると体にどのような異変が起こるのだろうか。多くの患者が訴えるのは、倦怠感だ。「脂肪肝の状態が続くと、脂肪肝炎という炎症が起きて肝細胞が破壊されます。アルコール以外の食事で脂肪肝からこの脂肪肝炎になった人を調べてみると、約半数の人が倦怠感を訴えていました。肝臓は、体の“化学工場”といわれるように、糖や脂質などの代謝に関わっています。それが、脂肪が溜まることで上手く機能しなくなると、代謝が落ちるのです。すると、肌荒れを引き起こしたり、身体で発生する疲労物質の解毒機能の低下で倦怠感を覚えるようになると考えられています」(西﨑教授、以下同じ)。