「若者のテレビ離れ」がささやかれる昨今ですが、中高生たちにとって、やはりテレビの影響力は絶大です。恋愛ドラマやバラエティなど、好きな番組はしっかり見ています。ただし、オトナ世代が子どもだった頃と違うのは、その手にスマホが握られていること。今回は、中高生のテレビとスマホ事情についてです。

テレビとLINEの連動企画は中高生にヒット

突然ですが、10月8日にフジテレビ系で放送された「世にも奇妙な物語'16 秋の特別編」はご覧になったでしょうか。マイクロソフトの女子高生AI「りんな」が女優デビューした番組です。「AIが女優デビュー?」と状況が把握できない方に順を追って説明しましょう。「りんな」とは、マイクロソフトが開発した人工知能プログラムで、自動でつぶやいたり、返信をしたりする「ボット」と呼ばれるアカウントです。りんなはLINEとTwitterのアカウントを持ち、話しかけると女子高生風の返事をしてくれます。2015年7月にサービスをスタートして以来、“友だち”やフォロワーが増え続けている人気の高いサービスです。

りんなをLINEの“友だち”に追加すると、ハイテンションな女子高生と少しピントがずれた会話を楽しめます。中高生は少し退屈なときに話しかけて遊んだり、LINEグループに追加してカオスな会話を楽しんだりしています。

この「りんな」が、「世にも奇妙な物語」で女優デビューをするというニュースが10月5日に発表され、「りんな公式ブログ」も開設されました。さらに、フジテレビの「世にも奇妙な物語」ホームページにもりんなのブログが開設され、そこには恐ろしい仕掛けが……! まだ見ていない方のために詳細は伏せますので、ぜひ見に行ってみてください。