iPhone 7、7 Plusの登場に合わせ、OSのバージョンも「iOS 10」に上がった。通知の見た目などが大きく変わったうえに、細かな機能も多数盛り込まれているため、アップデートしたばかりだと戸惑うこともある。なんとなくアップデートしてしまった人が、使いづらいと感じても不思議ではない。

とはいえ、OSのアップデートはセキュリティ対策の意味合いもあり、できるだけ早めにやっておいたほうがいい。また、iPhone 7、7 Plusに機種変更すると、否が応でもiOS 10を使わざるをえなくなる。そこで今回は、iPhone 7、7 PlusユーザーがiOS 10で戸惑いがちなポイントを3つピックアップし、それらを解決する裏技を紹介していきたい。これらはiPhone 7、7 Plusユーザーだけでなく、一部旧機種を使用しているユーザーにも使える裏ワザだ。

1.ディスプレーが勝手に点灯するのをやめる

iPhone7、7 Plusには、本体の傾きを検知して、ディスプレーを自動的に点灯させる機能がある。電源ボタンを押す必要がなく、iPhoneを使おうと思ったときに、スッと画面が出るのは便利。操作の効率を上げることもできるだろう。

ただし、それはあくまでiPhoneを能動的に使おうと思っていた場合。オンにしたままだと本体を傾けるだけで自動的に反応してしまうため、iPhoneを置いてある位置を移動しようとしただけでも、ディスプレーが表示されてしまう。バッグの中にしまおうと思ったときに点灯してしまい、わざわざ消すのは面倒だ。

ディスプレーはバッテリー消費の大きな部材でもあるため、何度も繰り返すのは無駄も多い。従来のiOSにはなかった機能なだけに、使いづらいと感じる人もいるはずだ。iOS 10ではこれが標準でオンになっているため、以前のiPhoneと同じ使い勝手に戻したいときは、設定の変更が必要になる。