あらゆる面で逆説的な男、ドナルド・トランプ

本書が発売されるにあたり、本人はこう言ったそうだ。

“買うな! 退屈な本だ!”

しかしこの発言こそが、より一層の好奇心をかき立て、最強の宣伝文句になってしまう。今、世界で最も耳目を集め、あらゆる面で逆説的な男、それがドナルド・トランプだ。

先日行われた、大統領選の2回目のテレビ討論をご覧になられた方も多いことだろう。人の質問にきちんと答えない、変なところに立つ、相手を恫喝する。その目を覆わんばかりの光景は、まるでドラえもんにおける「ジャイアン・リサイタル」のようでもあった。ならば、このジャイアンとは、いやトランプとは一体何者なのか?

マンハッタンを制覇した青年実業家。アトランティックシティを再興し、あらゆるものを金メッキで覆った不動産開発業者。「高視聴率男」を自称するエンターテイナー。そして60年以上ぶりに公選職の経験がない人物大統領候補。本書『トランプ』は、そんなトランプに関する様々な顔を時系列で追いかけ、その正体を徹底的に明らかにしようと試みた一冊だ。

執筆したのは、調査報道の雄として知られるワシントン・ポスト紙のジャーナリスト達。討論会の直前に、10年前のトランプの「卑猥な会話」がずいぶん話題になったが、これも彼らの手によってすっば抜かれたものだ。