広島カープが燃えている。黒田のために――。

10月22日にマツダスタジアムで、広島対日本ハムの日本シリーズが開幕。セ・リーグ優勝の祝賀ムードは、早くも「さぁ、日本一!」に変わって、さらにテンションが上がっている。さらに、10月18日、黒田博樹投手の現役引退が発表され、引退の花道を作ろうと、チームの結束は一段と堅くなった。

「神ってる」活躍のトップバッター

10月15日。DeNAとのCSファイナルは3勝1敗、1勝のアドバンテージを加え、7度目の日本シリーズ進出。シーズンからの勢いを保ったままの強さを見せつけた。

前回リーグ優勝した25年前の1991(平3)年、現場で監督として指揮をとった〝ミスター赤ヘル〟こと、山本浩二氏は「面白くなるな」とつぶやいた。「今年は、リーグ優勝、クライマックスシリーズを通じて、チームの全員が力をつけ、技術もそうだが、精神的にたくましくなった。いい戦いをしてくれると思う」

その日本一決戦を前に、チームに弾みをもたらした男がいる。田中広輔――。プロ3年目、赤ヘルのトップバッターのCSファイナルでの活躍に、山本氏も「神ってたな」と持ち上げる。

マツダスタジアムでのファイナルステージ4試合で、12打数10安打、打率8割3分3厘の離れ業をやってのけた。17打席で15度出塁の打ち出の小づちぶりを発揮し、最優秀選手賞に輝いた。田中はこう話す。「自分でも怖いぐらい、出来過ぎだった。打ちたいという気持ちは持っているけど、1番打者の役割を果たすことだけを考えていました」

今シーズンの広島では、4年目の鈴木誠也が3戦連続の決勝ホームランを放って、緒方孝市監督を「神ってる」と言わしめた。田中のラッキーボーイぶりは、またまた「神ってる男」の登場になる。東海大相模高から東海大、社会人のJR東日本を経て、13年ドラフト3位で広島入り。この年の1位は大瀬良大地、2位九里亜蓮両投手を指名、3位もピッチャーを指名する予定だった。