さらに、男女を年齢別に分けて住みたい街の違いを見てみましょう。

20代男性の1位は渋谷です。2位は新宿、3位に品川、5位に池袋と、どれもビジネス街が並びます。できるだけ職場の近くに住みたいということかもしれません。

ところが、30代男性になると、なんと1位が秋葉原なのです。これはびっくりです。特に秋葉原が好きなのか、同じ選択肢の中に含まれている飯田橋も好きなのかは、はっきり言えませんが、おそらく秋葉原が決め手になっていると思われます。その理由はあとで書きます。

30代男性が住みたい街

第1位 秋葉原、水道橋、飯田橋、春日、白山・・・12.1%
第2位 鎌倉・・・11.0%
第3位 吉祥寺・・・10.7%
第4位 横浜みなとみらい・・・9.3%
第4位 御茶ノ水、神保町・・・9.3%
第6位 千葉、幕張、稲毛・・・9.0%

女はいくつになっても横浜に住みたい!

では、女性を年齢別に見るとどうでしょうか。女性は、20代も30代も40代も、1位は横浜みなとみらいです。横浜のおしゃれなイメージ、元町などのファッショナブルさ、中華街などのグルメ、海、港の景色などの魅力があいまって、女性は何歳になっても横浜みなとみらいが好きなのです。

しかし女性も、30代、40代になると、千葉幕張稲毛大宮、また大船などの湘南、そして川崎が上位に浮上します。この年代になると結婚している女性が増えるため、家族で住みやすい郊外の街が浮上するのでしょう。川崎の場合、駅前のショッピングセンター、「ラゾーナ川崎プラザ」の効果もあると思われます。