JAL国際線の機内食が12月から冬メニューに。大勝軒の「つけめん」が初登場しますが、その“通な食べ方”も機内で再現されています。

機内での“あつもり”再現に苦心

 JAL(日本航空)が、欧州線・米州線・豪州線のプレミアムエコノミークラス・エコノミークラスで、到着前の食事として提供している「AIRシリーズ」。2015年12月1日(火)から提供されるその「AIRシリーズ」冬メニューを、少しだけ早く味わってきました。

 まずは、東池袋大勝軒(以下、大勝軒)の「つけめん」。機内食には初登場で、到着前2回目の食事として提供されます。

 大勝軒は「つけめん」発祥の店といわれ、多くのファンを持つ名店。その味に、「AIR大勝軒」の「つけめん」はどこまで迫ることができたのでしょうか。

 大勝軒の「つけめん」は、“あつもり”という食べ方が通のあいだで知られています。冷水でしめた麺を再び湯にくぐらせ、釜揚げのような熱々の状態で、温かいスープにつけて食べるというものです。その“あつもり”が機内食でも再現されていました。

 店と同じ小麦粉を使用した麺は、コシがあって、見た目も艶やか。「麺が固まらず、ほぐれやすくなるように試行錯誤を重ねました」(JAL 商品・サービス企画本部 綱島さん)とのことで、大勝軒の麺が持つモチモチした食感が追求されています。

 なお、機内では麺を茹でられないので、オーブンで加熱して“あつもり”に。その際、麺のモチモチ感が損なわれないようにするのが、最も苦労した点だそうです。

 一方、麺をつけるスープは、コクがありながら甘酢のさわやかさが効いて、飽きのこない味。スープの分量については、機内での取り扱いを考慮し、こぼしにくく、かつ残りにくいように気を配っているといいます。

 スープに入れる具材は、煮玉子・チャーシュー・もやし・シナチク・なると。これらは、そのまま“おつまみ”として食べることも想定した味に仕上げられていました。

 ちなみに、デザートとして添えられたリンゴは、大勝軒にゆかりの食材ということで選ばれています。創業者の故・山岸一雄さんは、リンゴの産地である長野県出身。山岸さんは、実家から送られてきたリンゴを店で常連にふるまったり、スープをつくる寸胴鍋に入れたこともあったそうです。

 大勝軒の代表を務める飯野敏彦さんは「大勝軒の味が、空を飛んで世界に広まることが何よりうれしい」と話します。ただ、これまで築いてきた大勝軒の味とイメージを守る意味でも、「機内食だから」という理由で妥協はできなかったとのこと。そのため、「AIR大勝軒」の「つけめん」開発には、およそ1年の月日が費やされたそうです。

おやつ? おかず? ホノルル線のみのオリジナルメニュー

 さらにもう1品、「AIRシリーズ」冬の新メニューに登場する「カフェ・カイラ for Resort」もいただきました。

「カフェ・カイラ」は2007(平成19)年に、ハワイ・オアフ島でオープンしたカフェ。オーガニックやフレッシュな素材にこだわったパンケーキやワッフルが人気といい、日本では東京の表参道と千葉の舞浜に店を構えています。

「カフェ・カイラ for Resort」はホノルル線だけのオリジナルメニューで、到着前の朝食として提供されます。そのメインは、スパムとチーズオムレツを「カフェ・カイラ」で人気のパンケーキではさんだ「パンケーキサンド」です。

「パンケーキサンド」の食べ方は自由、とのことですが、私はリーフレットに書かれたおすすめの食べ方に沿って、「パンケーキサンド」にレタスとトマトをはさんでみました。

 私は、パンケーキの甘味とスパムやチーズオムレツの塩味が共存できるのか疑問でしたが、いただいてみると意外にお互いがうまくなじんでいます。味の表現が難しいのですが、おやつでもあり、おかずでもある、そんな独特の風味。メープルシロップをかけると、そのかけ具合によって味のバランスが変化するのも面白いところです。

「パンケーキサンド」を引き立たせるサイドディッシュは、トマトソースがかかったローストポテト。ハーブがアクセントで、食べ応えのある大きさにカットされています。

 締めのデザートはフルーツヨーグルト。酸味と甘みのバランスが絶妙なヨーグルトに、ベリー類やパイナップルなどのフルーツが入ります。そのトロピカルな風味は、ハワイの持つ常夏のリゾートイメージにぴったりでした。

 JALでは現在、機内食について「新しい驚きと楽しさに出会える」というコンセプトを掲げているといい、前出のJAL・綱島さんは「『あの機内食が食べたいから、JALに乗りたい』というお客様が1人でも多く増えるようにしたい」と、その意気込みを語っています。