東京メトロが2016年9月21日〜30日、銀座駅で、手荷物を一時的に預かるクロークサービスを実証実験として実施。コインロッカーに入らないような大きな荷物も預けられるといいます。

9月30日までの期間限定

 東京メトロは2016年9月20日(火)、銀座駅(東京都中央区)の四丁目交差点改札口で、利用客の手荷物を預かるクロークサービスを実証実験として行うと発表しました。

 期間はあす9月21日(水)から9月30日(金)まで。クロークサービスを行うのは東京メトロでは初で、実証実験はヤマト運輸と共同で実施されます。

 利用できる時間は午前10時から夜20時まで(日をまたぐ利用は不可)。料金は手荷物1個につき500円(税込)です。

 東京メトロによると、銀座駅で手荷物を一時的に預けることで、駅周辺に加え、東京メトロを利用してほかのエリアへも手ぶらで行けるようになるほか、通常のコインロッカーに収まらないスーツケースなど大きな手荷物も預けることが可能とのこと。今後、訪日外国人旅行客が増加することも見越して行うといいます。

 今回の実証実験を通じて、クロークサービスに関する今後の事業展開の可否が検討されます。