「0番のりば」を持つ駅が、しばしばあります。なぜ「1」ではなく「0」から始まるのでしょうか。また全国の「0番のりば」のなかには、さらに変わったものもあるようです。

番号の振り方は会社によってさまざま

 盛岡駅や京都駅など、のりばに「0番」を持つ駅があります。なぜ「1」からではなく、「0」からなのでしょうか。さらに、「0A」「0B」を称するのりばも存在。いったい、どういうことなのでしょうか。

 そもそものりばの番号は、その振り方に一定の決まりがあるともいわれます。一説には駅長室から近い順に振られたといい、たとえばJRの東京駅では、駅長室が丸の内側(西側)の赤レンガ駅舎にあることから、それに隣接する中央線快速のホームから「1」「2」というように番号が振られています。

 また私鉄のなかには、駅長室の位置に関係なく、下り線側から一律に「1」「2」と番号を振っている会社もあります。

では「0番」とはいったい? 少し変わった呼び方も

 そうした一定の法則があるなか、「0番のりば」はどのような経緯で生まれたのでしょうか。

「0番」が登場する理由として多いのが、1番のりばより駅長室(駅舎)側にのりばを増やした場合です。熊本駅がこれに当てはまりますが、この駅の場合、それがさらに“発展”。鹿児島本線下りや豊肥本線、三角線の列車が発着するのりばは単に「0」ではなく、「0A」(0番Aのりば)と「0B」になっています。

 鳥取県には、少し変わったケースも。米子駅の境線が発着する0番のりばは、「霊番のりば」とも呼ばれています。境線の終点、境港が『ゲゲゲの鬼太郎』『のんのんばあとオレ』などの作品で知られる漫画家、水木しげるさんの出身地であることにちなんだものです。