東京と横浜を結ぶ東急「東横」線など、路線や社名がその鉄道の起点と終点を示すケースは、全国に数多くあります。東武鉄道の東上本線もそうですが、同線が結ぶのは東京都の池袋駅と埼玉県の寄居駅。「上」はどこから来たのでしょうか。

目指していたのは群馬県、すなわち…

 東京と横浜を結ぶ東急「東横」線、東京と成田を結ぶ「京成」電鉄、下総国と武蔵国を結ぶ「総武」本線など、路線や社名がその鉄道の起点と終点を示すケースは、全国に数多くあります。

 池袋駅を起点に路線を延ばす東武鉄道の東上本線も同様なのですが、その終点は寄居駅(埼玉県寄居町)。「上」の由来はどこにあるのでしょうか。

 東上本線の歴史は、1903(明治36)年に川越をはじめとする沿線の有力者が、東京の巣鴨と群馬県の渋川を結ぶ鉄道の敷設について、仮免許を申請したことに始まります。つまり「東上」とは東京と、群馬県の旧国名「上野国(こうずけのくに)」の頭文字を取ったものなのです。

 この計画は1925(大正14)年に東上本線が群馬県の手前、寄居駅まで開業した時点で、群馬県内の高崎〜渋川間における免許が失効したことなどにより断念されます。ただ1933(昭和8)年に、八高北線(現在の八高線)が群馬県側から寄居駅まで開業。同線を介して、東上本線は群馬県と結ばれることになりました。

 ちなみに、八高線沿線の自治体によって構成される八高線電車化促進期成同盟会がJR東日本へ、東武の東上本線とJRの八高線を直通する列車の運行を要望したことがありますが、送電線設備などの問題によって実現できていないといいます。

 東上本線は線路の上空に電気が流れている架線を備え、それを使って「電車」が走る路線であるのに対し、八高線はそれがなく、ディーゼルカーによる運行です。池袋駅から東上本線経由で「上野国」へ直通する列車の実現は、現時点では難しいのかもしれません。