戦闘機などに装備されている「射出座席」。これを作り続け、7500人ものパイロットの命を救ったメーカーがあります。その積み重ねられた歴史の背景には、友の死と、死をも恐れぬ献身、そしてなによりパイロットの命を救いたいという切実な願いがありました。

射出座席の老舗、70年、7500名の「実績」

「射出座席」を作り続けて実に70年の伝統を誇るイギリスのマーチン・ベイカー社は、2016年9月、自社製射出座席によって救われたパイロットの数が7500人を突破したと発表しました。

 現代の戦闘機や爆撃機など、ほぼすべての「戦う軍用機」は、事故や戦闘によって墜落不可避となった場合に、パイロットやそのほかの乗員を「ベイルアウト(緊急脱出)」させるための「射出座席」と呼ばれる装置を備えています。乗員が作動レバーを引っ張ると、座席に装着されたロケットないし火薬が点火、座席ごと乗員を機外へと放り出し、パラシュートの展開までを自動的に行うというもので、緊急事態に陥った乗員にとってはまさに「最後の命綱」です。

 かつて射出座席が存在しなかった時代、戦闘機パイロットたちが自機から脱出しようとする場合は、ハーネス(ベルト)を外し、キャノピー(風防)を開け、座席に立ち上がって転げるように落ち、パラシュートをひらく、という手順を、すべて自力で行わなければなりませんでした。

 しかし戦闘機の速度が飛躍的に高まると、風圧でキャノピーが開かなかったり、スピン中の遠心力で身体が動かせなかったり、パニックになったり、また運良く飛び降りても尾翼に激突したりと、安全なベイルアウトは至難の技になります。

 ですが射出座席ならば、射出時に40Gもの加速にさらされるというリスクはあるものの、十分に飛行速度が低い状態で作動させれば、高確率でパイロットは無傷で済み、救助後は現役復帰することができます。亜音速以上では、風圧による全身粉砕骨折などによって元の身体には戻らないかもしれませんが、少なくとも「100%死ぬよりはマシな選択」を可能にしました。

友の死と命がけの実験を乗り越えて

 このたび救った命の数が7500を越えたマーチン・ベイカー社は、世界で最も信頼されている射出座席メーカーのひとつであり、かつ、その第一人者といえる存在です。

 元々は航空機メーカーであった同社が射出座席の研究、開発へ取り組むようになったのは、創業者のひとりであったヴァレンタイン・ベイカーが1942(昭和17)年、墜落事故により殉職してしまったことがきっかけでした。残されたもうひとりの創業者であるジェームズ・マーチンは友の死を悲しみ、ひとりでも多くのパイロットを救いたいと願うようになります。

 射出座席の実用化には、マーチン・ベイカー社のテストパイロット、バーナード・リンチの献身的な活躍が不可欠でした。彼は1946(昭和21)年、最初の試作モデルにおける空中射出試験を成功させると、そののち30回にわたりこの危険な「人体実験」へと志願。その貢献もあって1949(昭和24)年、最初の製品モデル「マーチン・ベイカーMk.1」は完成しました。

 こののち、マーチン・ベイカー社製の射出座席は改良が重ねられ、「Mk.6」以降は地上静止時に動作させても生還できるようになります。

生還したパイロットにはネクタイ進呈

 これまでマーチン・ベイカー社製の射出座席を搭載してきた機種は、実に200以上。7万5000席が出荷され、アメリカや欧州製の戦闘機では、マーチン・ベイカー社のものを搭載したことがない機種のほうが少ないほどで、航空自衛隊においてもF-4戦闘機が「Mk.7」を装備しています。また、同社の最新鋭モデル「Mk.16」はF-35、「ラファール」、「ユーロファイター」といった欧米の最新鋭戦闘機にもれなく搭載されています。

 マーチン・ベイカー社は1957(昭和32)年以降、自社の射出座席で生還したパイロットらを表彰する「エジェクション・タイ・クラブ」活動を行っており、現在は、創業者ジェームズの孫にあたるアンドリュー・マーチンがそれを運営。表彰では証明書、会員カード、パッチとともに、男性にはネクタイとタイピン、女性にはブローチが授与されます。

 ジェームズ・マーチンの理念はこのように、いまなお生き続け、多くのパイロットを生かし続けています。

【写真】射出座席で墜落するF-16から脱出する瞬間