トヨタが手のひらサイズの対話型ロボットを発売します。話し相手の方向に顔を向け、会話に応じたしぐさなどを交えながら、雑談のような会話が可能といいます。

VAIOが生産

 トヨタは2016年10月3日(月)、何気ない会話やしぐさを一緒に楽しめる手のひらサイズのロボット「KIROBO mini」を2017年に発売すると発表しました。

 本体価格は3万9800円(税別)の見込み。全国販売に先立ち、今冬に東京都と愛知県の一部トヨタ販売店で先行販売も計画されています。

 トヨタによると「KIROBO mini」は、人に寄り添い、心を通わせる存在を目指し開発された「コミュニケーションパートナー」。話しかけた人の方向に顔を向け、さらに会話に応じたしぐさやまばたきなどにより、雑談のような何気ない会話が可能といいます。

 本体に搭載したカメラにより人の表情を認識し、話し相手の感情を推定しながら、その人の気持ちに寄り添った動作や口調になるほか、「今日はいっぱい走ったね、お疲れさま」「おかえり。ポカポカお風呂が待ってるよ」といったクルマや家から取得する情報を踏まえた会話も可能としています。

 座高は10cm、体重は183g。充電時間は約3時間で、連続使用時間は約2.5時間です。製造を担当するのは、ソニーから独立したPCメーカーのVAIO(長野県安曇野市)。しぐさや会話は、スマートフォンにインストールした専用アプリ(月額300円程度の利用料が必要)と「KIROBO mini」本体とを、Bluetoothでつなぐことで実現します。

 なおトヨタは、10月4日(火)から10月7日(金)までの4日間、千葉県美浜区の幕張メッセで開催されるIT、エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2016“つながる社会、共創する未来”」に「KIROBO mini」を出展する予定です。