JR東日本、東京メトロ、東急電鉄、それぞれが展開している鉄道情報スマートフォンアプリが連携し、「列車走行位置」などの情報がよりスムーズに取得できるようになります。

「アプリは つながる どこまでも」

 JR東日本と東京メトロ、東急電鉄は2016年10月6日(木)、それぞれが自社の情報提供などを目的に提供しているスマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」「東京メトロアプリ」「東急線アプリ」の連携を、10月7日(金)から開始すると発表しました。

 連携の対象となるのは、JR東日本の首都圏を走る17路線と東京メトロ全線、東急線全線の「列車走行位置」ページ、および、3社の各路線が接続する44駅の「時刻表」ページです。3社のアプリそれぞれのページで他社アプリへのリンクボタンが表示され、それをタップすると、対象の会社のアプリが起動します。

 これにより、たとえば「JR東日本アプリ」に東京メトロ線や東急線を登録し、そこから東京メトロ線や東急線の「列車走行位置」を確認する、渋谷駅のJR線時刻表を表示した際に、そこから東京メトロ線と東急線の時刻表も確認する、といったことが可能になります。

 対応OSはiOS(7.0以上)、Android OS(4.2以上。「東京メトロアプリ」は4.0以上)。古いバージョンのアプリでは、アップデートが必要です。

 また、この連携にあたり3社で共同のプロモーションを実施。アプリ連携と今後の広がりをイメージしたロゴマーク、「アプリは つながる どこまでも」というキャッチフレーズを使用したポスターの掲示や車体広告などが展開されます。