阪神本線と神戸高速線の神戸地下トンネル内で、携帯電話の通信サービスが利用できるようになりました。

阪神全線で利用可能に

 阪神電鉄とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、2016年10月7日(金)から阪神本線と神戸高速線の神戸地下トンネル区間(岩屋〜西代間約8.3km)において、携帯電話通信サービスの提供を始めました。

 阪神なんば線の地下トンネル区間(西九条〜大阪難波間約2.9km)は2015年3月31日から、阪神本線の大阪側地下トンネル区間(梅田〜福島駅西方間約1.6km)は同年8月28日から携帯電話の通信サービスが利用できます。

 今回のサービス開始により、阪神電鉄の地下トンネル全区間で整備が完了したことになります。