渋谷駅が、歴代『FF』キャラの「さわれる巨大フィギュア」にジャックされます。抱きつくことも可能で、しかもオリジナルキャストによるセリフも流れるそうです。

歴代『FF』キャラのデフォルメされた巨大フィギュア登場

 スクウェア・エニックスは2016年10月7日(金)、「PlayStation4」「PlayStationVita」用ソフト『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の発売を記念し、同タイトルに登場するキャラクター「クラウド」「ユウナ」「ライトニング」らの“さわれる巨大フィギュア”を渋谷駅に設置、同駅をジャックするキャンペーンを実施すると発表しました。期間は10月10日(月)から16日(日)までが予定されています。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー』は、『FF(ファイナルファンタジー)』シリーズ初となる、モンスターを仲間にし育成しながら冒険を繰り広げるロールプレイングゲーム。その舞台となる世界の住人として、これまでの『FF』シリーズのキャラクターがデフォルメされた姿で登場します。

 このたび行われる「渋谷駅/巨大フィギュアジャックキャンペーン」では、デフォルメされた「バッツ」「クラウド」「ビビ」「ユウナ」「ライトニング」の巨大フィギュアが、京王井の頭線の渋谷駅改札からハチ公前広場に続く通路に出現。触るのはもちろん、抱きつくことも可能で、さらにキャラクターのセリフも流れるといいます。

デフォルメキャラから実際の声優によるあの名セリフが…!

 巨大フィギュアに近づくことで流れるセリフは、もちろん各キャラクターを担当した声優による、実際にゲーム内で使用されているもの。つまり「クラウド」に近づけば「フン、興味ないね!」(CV:櫻井孝宏)との声が返ってきますが、その姿はデフォルメ2頭身であるため「見た目とのギャップたっぷりなキャラボイスも楽しめる」(スクウェア・エニックス)といいます。

「キャラクターの声優には櫻井孝宏さん(クラウド役)や坂本真綾さん(ライトニング役)ほか、豪華声優陣を起用しており、ゲームソフト発売前に渋谷駅で、ひと足先にゲームの世界観をお楽しみください」(スクウェア・エニックス)

 なお、各キャラクターの担当声優は以下のとおりです。

・バッツ(『FINAL FANTASY V』):保志総一朗
・クラウド(『FINAL FANTASY VII』):櫻井孝宏
・ビビ(『FINAL FANTASY IX 』):大谷育江
・ユウナ(『FINAL FANTASY X 』):青木まゆこ
・ライトニング(『FINAL FANTASY XIII 』):坂本真綾

「PlayStation4」「PlayStationVita」用ソフト『ワールド オブ ファイナルファンタジー』は2016年10月27日(木)発売。それに先立つ10月17日(月)には、同タイトルの体験版も配信される予定です。