JR西日本が山陽新幹線の相生〜岡山間に保守基地を新設。これにより、作業時間が現行と比べ最大およそ3倍確保できるようになるといいます。

保守基地の新設は山陽新幹線開業以降初めて

 JR西日本は2016年10月12日(水)、山陽新幹線の相生〜岡山間に保守基地を新設すると発表しました。

 新幹線の安全、安定輸送維持を目的とした地上設備の更新や地震対策などが、より効果的に行えるよう整備されるもので、JR西日本によると保守基地の新設は、山陽新幹線が開業して以降、初めてといいます。

 場所は姫路保守基地から西に38km、岡山保守基地から東に44kmの兵庫県赤穂市内。用地面積は約2万3900平方メートル、留置線の総延長はおよそ1600mです。基地にはクレーン設備やバラスト(線路の砂利)の積み込みおよび取り卸し設備、検修庫、資材置き場、給油設備などが設けられます。

 JR西日本によると、基地を整備することで作業時間が現行より最大およそ3倍(約180分)確保できるとのこと。完成は2021年3月の予定です。