台風被害により不通となっている石勝線・根室本線のトマム〜新得〜芽室間について、JR北海道が「年内の復旧を目指す」と発表。一方、根室本線の一部区間は、工事の着手が早くとも来春以降になるといいます。

別の場所用に造っていた橋桁を転用

 JR北海道は2016年10月13日(木)、台風被害で不通になっている石勝線・根室本線のトマム〜新得〜芽室間について、年内の復旧を目指すと発表しました。

 この区間では下新得川橋梁(きょうりょう)、第1佐幌川橋梁、清水川橋梁が流出しました。橋は本来、川の形にあわせて架設されるものですが、今回は早期復旧を優先させることから、別の場所の架け替え用に造っていた仮線用の橋桁(35m×4連)を転用し、この橋桁にあわせて橋を復旧するとしています。

 架橋にあたっては、川の氾濫が再び起きた際に線路や川の被害が軽減できるよう橋脚の数を減らしたり、桁下の空間を以前より広く確保したり、増水時の流路を新設したりといった対策を実施。本線と引き上げ線の2本だった新得駅構内の下新得川橋梁は、引き上げ線の長さが見直され、本線の橋1本だけとされます。

 この区間は札幌方面と帯広・釧路方面とをつなぐ路線であることから、現在、札幌〜トマム間の臨時特急や帯広〜釧路間の臨時快速に接続する形で、代行バスがトマム〜帯広間で1日3往復運転されています。また、トマム〜新得間でも1日1往復の代行バスが運行中です。

富良野〜東鹿越間は10月17日再開、しかしほかの区間は…

 また、同様に不通となっている根室本線・富良野〜新得間81.7kmのうち、富良野〜東鹿越間40.2kmについては復旧工事が完了し、車両や乗務員手配も整ったことから10月17日(月)始発より運転が再開されます。

 通常より運転本数を減らしていた滝川〜富良野間も、所定のダイヤに戻る予定です(一部列車で時刻変更あり)。東鹿越〜落合間については、代行バス(下り4本、上り6本)が列車に接続する時刻で運転されます。

 なお、東鹿越〜新得間41.5kmの線路については土砂流入や法面崩壊、道床流出などが複数箇所で発生している状況です。JR北海道によると「同区間の工事着手については早くとも来春以降となる」とし、現時点で列車の運転再開のめどは立っていないとしています。