ロッキード・マーティン社は2016年10月7日、空自の次期戦闘機開発に携わる意思があることを表明しました。「心神」とも呼ばれるステルス実証機X-2の初飛行からおよそ半年、次期戦闘機には純国産の期待もあるなか、その開発のゆくえはどうなるのでしょうか。

ロッキード・マーティン社、空自次期主力戦闘機「F-3」開発に名乗り

 日本ロッキード・マーティン社のチャック・ジョーンズ社長は2016年10月7日(金)、都内で記者会見を行い、航空自衛隊の次世代主力戦闘機選定にともなう防衛省の情報提供依頼(RFI)に応じ、回答や会合による質疑応答などプレゼンを行ったことを明らかにするとともに、その次世代戦闘機開発へ積極的に参加する意思があることを、公の場で初めて表明しました。

 非公式に「F-3」と呼ばれることも多い、F-2戦闘機の後継となる航空自衛隊の次世代主力戦闘機。現在、防衛省技術研究本部および三菱重工において開発中の先進技術実証機X-2、いわゆる「心神」による実験結果を待って、2018年に国産を行うかどうか、その後の方針を決める予定になっています。

 一部の政治家やメディアは「F-3」を「零戦の再来」とし、「純国産」を期待する声も聞こえます。しかし、現代において戦闘機の開発は10年以上の歳月と数兆円の予算が必要なため、リスクを分担する国際共同開発が主流になりつつあり、今回のロッキード・マーティン社の発表は、「F-3」もまたその流れにあることを示すものといえるでしょう。

X-2は間に合うのか? 不透明な「F-3」

 実験機X-2は2016年4月22日、航空自衛隊小牧基地(愛知県)を離陸し同・岐阜基地(岐阜県)に着陸。初飛行に成功したものの、10月現在に至るまで、5月に2度目の飛行試験が実施されたのみであり、それ以降、一度も飛行試験は行われていません。そのため、開発にあたって何らかのトラブルがあったのではないか、という観測もありますが、これはもともと予定されていた地上試験を実施しているためであり、スケジュールの遅延は無いとされます。

 いずれにせよ、X-2の飛行試験が進展していない現段階において、防衛省も「F-3」の具体的な計画の全容は明らかにしておらず、どういったカタチを目指すのかは決まっていない状況にあります。

 日本ロッキード・マーティン社のジョーンズ社長は「防衛省によるRFI自体が、『F-3』の可能性を模索する段階であると考えており、ロッキード・マーティン社として今後、どのような役割を担っていくことができるのかは、意思決定の段階にはない」としつつも、以下のように述べました。

「我々ロッキード・マーティン社の、日本における過去の実績を見ていただくと分かるように、我々が主契約者となるプランや、三菱重工らと共同開発パートナーとして携わったり、部品供給や共同生産を行ったりと、我々はあらゆる役割を担当してきました。また現在のところ、『第5世代戦闘機』という専門的な技術を持つ、世界で唯一の存在であると自負していますので、日本の企業との協力関係のなか、しっかりとしたスペック・機能を満たせるのは我々以外には無く、ロッキード・マーティン社はより強い立場にあるのではないかと考えております」(チャック・ジョーンズ社長)

 ロッキード・マーティン社は日本で初めて製造(ライセンス生産)された実用ジェット機T-33「若鷹」、同じくライセンス生産ながら日本で初めて生産された超音速戦闘機F-104J/DJ「栄光」といった機種の開発元であり、航空自衛隊に現在配備中のF-2では共同開発に参画するなど、1950年代から60年以上にわたり日本に対する技術供与や生産に携わってきました。

「国産戦闘機」実現の可能性は? ボーイング、サーブも名乗り

 ジョーンズ社長はこれまでの日本における実績を強調するとともに、F-22やF-35といった最新の「第五世代戦闘機」を独占している事実から、「F-3」への参画においても主要な立場を担えるであろうという強い自信を見せています。

 ロッキード・マーティン社のほかにも、ボーイング社やサーブ社といった海外企業が次期主力戦闘機の選定にともなう防衛省のRFIに回答しています。「F-3」の開発計画がどのようなかたちで行われるにしても、現代の戦闘機開発は国内でまかなえる規模ではなくなっているため、こうした海外企業が参画したうえでの国際共同開発となることはほぼ間違いないでしょう。

 そうしたなか行われた、ロッキード・マーティン社による今回の意思表明。飛びぬけた実績を持っている同社は、日本の次世代戦闘機開発で最も有力なパートナーとなり得るかもしれません。

【写真】実物大の空自F-35、搭乗可