JR東日本のD51形蒸気機関車「デゴイチ」が、まもなく復活から30年を経過。拠点の群馬では「SL列車」がすっかり定着し、いまなお、多くの人々を楽しませています。続く人気、その背景には何があるのでしょうか。

往年の現役時代より、復活後のほうが長くなる?

 蒸気機関車の代名詞的存在のひとつ、D51形「デゴイチ」。1936(昭和11)年から1100両以上と、日本で最も多く造られた機関車ですが、2016年10月現在、国内で営業運転を行っているのはJR東日本の高崎車両センター(群馬県高崎市)に所属する498号機のみです。

 D51形498号機は1940(昭和15)年に製造され、岡山や大阪、新潟など各地の機関区で活躍したのち、1972(昭和47)年に引退。そして1988(昭和63)年にイベント・観光用として復活してから、まもなく30年。あと数年で、往年の現役時代より復活後の“人生”が長くなります。

 このD51形498号機(以下、デゴイチ)が復活して四半世紀以上がたち、その拠点である群馬県では、観光向けのSL列車がすっかり定着。2011(平成23)年に復活し、同じ高崎車両センターの仲間となったC61形蒸気機関車20号機(シロクイチ)とともに、多くの乗客を楽しませ続けています。

 長く続く人気の理由はどこにあるのでしょうか。2016年9月、実際にデゴイチがけん引する快速「SLみなかみ」に乗車し、取材してきました。

まず、乗る前から何かが違う

「SLみなかみ」の始発駅は、上越・北陸新幹線とも接続する高崎駅。同駅と、新潟県境に近い水上駅(群馬県みなかみ町)のあいだ59.1kmを走行します。

 列車が発車する2番のりばへ向かう、高崎駅のエスカレーター、その周囲には蒸気機関車の装飾が。ホームへ降りる前から、気分を盛り上げてくれます。

 エスカレーターを降りると、隣のホームがない線路で、白い蒸気を出すデゴイチがひとり。そしてそのまま、水上方面へ走って行ってしまいました。

 そのすぐあとでした。「SLみなかみ」が発車する2番のりばに、なにやらやって来るようです。係員がホームで旗を振り始めます。

 やってきたのは、12系という青い客車。国鉄時代に急行用として製造された車両で、「SLみなかみ」はデゴイチがこの12系をけん引して運転されます。

 ほどなく、先ほど水上方面へ走り去ったデゴイチがバック運転で戻ってきて、2番のりばへ進入。この12系と連結し、いよいよまもなく、出発です。

「SLだるま」に見送られ、『ハイケンス』

「ボーーーーーーーーー!」

 午前9時56分、デゴイチは汽笛一声、水上駅へ向けてゆっくりと走り出しました。この、駅に響く汽笛、いままさに出発するぞとワクワクします。SL列車における醍醐味(だいごみ)のひとつでしょう。

 高崎駅ホームでは、JR東日本の社員が、SL風になった高崎名物の「だるま」を身にまとい、列車を見送ってくれました。それにしても高崎駅、ホームの自動販売機も蒸気機関車風に装飾されており、「SLを盛り上げよう」というJRの気持ちが各所に見えたのが印象的です。

 発車した「SLみなかみ」車内ではほどなく、車掌が『ハイケンスのセレナーデ』という、国鉄時代から続く懐かしいチャイムで車内放送を開始。デゴイチの経歴などを説明したのち、「乗車記念証」を配布しました。

「SLみなかみ」には車内販売も乗務。飲み物や食べ物はもちろん、多くの記念グッズなどが用意されています。

 ちなみに、車内販売のレシートには「SLみなかみ号」と記載されているため、これも旅の記念になるかもしれません。

煙だけではない「SLらしい車窓」とは?

 この日はあいにくの曇天、晴れていれば赤城山や榛名山が車窓に見えるのだろうなぁ……などと思っていると、車内でクイズ大会が始まりました。

 ○×方式で全部で3問が出題され、1問目は「D51・C61蒸気機関車共に最高速度は時速60kmである」。全問正解すると、プレゼントです。

 車内のそうしたイベントも、普通の列車とは違う特別な「SL列車」らしいものですが、「SL列車」は車窓も特別です。まず、たなびく煙。そして列車に向かって手を振る、大勢の人々。小さな子どもを連れた家族、踏切待ちをしている自転車の高校生、福祉センターのなかにいたご老人たち……。

 群馬でSL列車が運転されるようになって、すでに四半世紀。地元の多くの人たちが、いまだこのようにSL列車を歓迎してくれているのは、それだけSLがこの地で愛されるものとして定着していることの証かもしれません。

ホームの群馬名物、個人的には「あん無し」で

 10時34分に到着した渋川駅では、11時01分の発車までしばらく停車。自然と先頭の機関車周辺に人だかりができます。

 ここでは「SLみなかみ」が到着したホームのみならず、その隣のホームへ到着した草津温泉方面への特急車内から、こちらで煙をあげるデゴイチを見つけ、驚いて指を指したり、写真を撮る人が多数見られたのも印象的でした。

 渋川駅のホームには、売店も特設されていました。

 販売されていたのは、群馬名物の「焼きまんじゅう」やラムネなど。ちなみに私(恵 知仁:鉄道ライター)は、「焼きまんじゅう」はあん無し(あんこが入っていないもの)派です。

『真田丸』に負けないドラマ?

 渋川駅を発車してまもなく、「坂東太郎」こと利根川を渡り、景色が変わってきます。いよいよ関東平野が尽き、山河の風景が目を楽しませてくれるのです。

 この日はあいにくの曇天でしたが、たなびくデゴイチの煙によって車窓が水墨画のようでもあり、晴れの日とはまた違った趣がありました。

 さて、この「SLみなかみ」に使われている青い12系客車は、まだ国鉄の昭和50年代に製造されたもので、ボックス席が並ぶ客室は昔ながらの雰囲気が漂っています。しかし、洗面所は改装され、きれいになっていました。安心して利用できるよう、女性用のお手洗いも用意したとのこと。いま30代から40代以上の人が懐かしさを覚えるような“国鉄の雰囲気”を極力残しつつ、快適性の向上も図られている印象です。

 列車は、いまNHKの大河ドラマ『真田丸』でゆかりの地として知名度が高まっている沼田駅を発車。それから10分足らずの11時44分、後関(ごかん)という特に大きくはない駅に到着しますが、このデゴイチによる「SLみなかみ」に乗車していて、後閑駅を見過ごすことはできません。D51形498号機は1972(昭和47)年に引退後、ながらくこの駅で保存されていたからです。

 デゴイチ、そして後閑駅は、どんな気持ちでお互いを眺めているのでしょうか。そんなドラマが、この駅にはあります。

「SLみなかみ」車内から楽しめる「恐怖」

 車内放送によると、左前方に上越国境へそびえる谷川岳が、晴れていれば見えるという場所を通過すれば、まもなく終点の水上駅です。

 この水上駅到着前に、ちょっと怖いものが楽しめるかもしれません。このとき、それを期待して進行方向左側の上方を眺めていると……やはり、やっていました。

 私は見るだけで十分です。

 この橋では「バンジージャンプ」が楽しめるのです。ちょうど、「SLみなかみ」に合わせてダイブしたようで、人がびよーん、びよーんと橋からつられていました。見るだけで十分です。

「蒸気機関車」とは?

 車窓に温泉旅館など“らしい”風景を眺めて、12時04分、「SLみなかみ」は終点の水上駅に到着しました。

 ただこのとき、駅でノンビリしすぎないほうがいいかもしれません。デゴイチはまもなくの12時10分ごろに切り離され、続いて「転車台」という車両の向きを変える設備で、グルッと回転するからです。前と後ろが明確に異なっているデゴイチ、バック運転も可能ですが、その場合は速度に制約が出てしまいます。

 この転車台でデゴイチが回転する風景は、見学がもちろん可能。水上駅からは徒歩5分ほどかかるので、注意が必要です。またこの日は、転車台の周辺で甘酒などの振る舞いや、プレゼントがもらえるじゃんけん大会といった地元の人々による“おもてなし”も行われていました。

 日本では近年、観光列車としての「SL列車」は特に珍しいものではなくなりました。そうしたなか、復活して四半世紀以上、人々に親しまれているデゴイチと群馬のSL列車。「デゴイチの本線営業はここだけ」という点もあるかもしれませんが、それに携わる人々、そして地域の人々のSLに対する愛情があるため、いまなお多くの乗客を楽しませることができているのでしょう。商業的なニュアンスも当然あると思われますが、JR東日本高崎支社の人が「蒸気機関車は宝物」と表現していたこと、強く印象に残っています。

【写真】大宮で「オリエント急行」の先頭に立つ1988年のデゴイチ