渋谷駅におけるひとつのシンボルである東急5000系電車「青ガエル」が、サンリオのキャラ「ポムポムプリン」とコラボ。黄色と茶色の「ポムポムトレイン」になりましたが、単なるコラボではなく、そこには「渋谷のハロウィーン」を見据えたある“ねらい”が存在していました。

2016年8月に起きた「事件」

 渋谷駅ハチ公口で観光案内所として使用されている「青ガエル」が、2016年10月18日(火)から11月1日(火)の予定で、黄色と茶色の「ポムポムトレイン」になりました。

「青ガエル」とは、1954(昭和29)年に登場した東急電鉄の5000系電車(初代)。形状や色からそう呼ばれていますが、軽量であるなど、当時最新の技術で製造された東急電鉄を代表する車両のひとつで、それが1996(平成8)年に登場したサンリオのキャラクター「ポムポムプリン」とコラボレーションします。

「ポムポムプリン」の誕生20周年を記念し、実施されるものですが、目的はほかにもあるとのこと。ハロウィーン期間における「青ガエル」への落書き防止、保全です。

 2016年8月末、この「青ガエル」に落書きされるという事件が発生しました。近年、渋谷では落書きが社会問題化しており、今回の取り組みは「落書きをやめてほしい」という「ポムポムプリン」からのメッセージでもあるそうです。

車内も特別なデザインに 最後の1両は今年、引退

 今回のコラボレーションでは、緑色の「青ガエル」を「ポムポムプリン」のような黄色と茶色の2色でラッピング。これにより、落書きや外傷から車体を保全するといいます。また、渋谷駅前の「青ガエル」がこのようにコラボするのは、今回が初だそうです。

 車内は、全壁が「ポムポムプリン」のトレードカラーである黄色の“ふわもこ”になり、半立体ぬいぐるみのフォトスポットや、「ポムポムプリン」の顔がデザインされた座席が設置されました。「乗車記念スタンプ」を専用用紙に押して持ち帰ることも可能です。10時から20時まで入場できます。

 ちなみに5000系電車「青ガエル」は、東急電鉄からは1986(昭和61)年に姿を消しましたが、各地の鉄道へ譲渡され、今年2016年2月まで、最後の1両が熊本電鉄で営業運転を行っていました。

【写真】落書きされた渋谷駅前の「青ガエル」