国土交通省や気象庁、NEXCO各社が、クルマのドライバーなどに対し、今週末の大雪への警戒と早めの対策を呼びかけています。

大雪や猛吹雪による立ち往生などに警戒を

 2017年1月12日(木)、国土交通省や気象庁、NEXCO各社はあさって15日(日)ごろにかけて大雪になるおそれがあることから、クルマのドライバーなどに対し、不要不急の外出を控えるとともに、やむを得ず運転する際は、冬用タイヤやチェーンの早めの装着を求めるよう呼びかけました。

 気象庁によると、15日(日)ごろにかけて北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が続き、猛吹雪になるところもある見込みです。あす14日(土)から15日(日)にかけては、東日本から西日本の太平洋側でも局地的に大雪になるおそれがあるとしています。

 そのため、特にふだん雪が降らないところを含む広い地域で、大雪や猛吹雪によるクルマの立ち往生などに警戒が必要といいます。

 国土交通省によると、2016年1月24日から25日にかけての大雪で、新潟県長岡市付近の国道8号や県道などではクルマ計200台以上が立ち往生。長時間の渋滞も発生し、大きな影響が生じました。

 今回、大雪が予想される国土交通省の地方整備局など各現場では、早めに道路情報を出し、また早い段階での通行止めと集中的な除雪作業などを行い、24時間体制で道路交通の確保に努める方針です。

 NEXCO各社は、東北道や北陸道、東名高速、新東名高速、名神高速、新名神高速、中国道、山陽道など、通行止めのおそれがある路線とその区間をウェブサイトに掲載。引き続き、交通規制などの情報提供も行っていくとしています。

【画像】北海道から中国地方まで大雪に警戒 今後の気象の見通し