レクサスがオープンクルーザー「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」を世界初披露。トヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり開発されました。

20年目を迎えるトヨタのマリン事業

 レクサス(トヨタ)は2017年1月13日(金)、米国マイアミで開催されたイベント「Through the Lens」で、オープンクルーザー「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」を世界初披露したと発表しました。

 トヨタは1997(平成9)年から、プレジャーボートの開発、生産、販売を行っており、これまでに約900隻を日本国内で販売。「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」は、トヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり、「レクサス」ブランドの新たな提案のひとつとして誕生したといいます。

 開発にはトヨタの社長でレクサスのチーフブランディングオフィサーでもある豊田章男さんも関与。「私達は、モビリティの可能性を海にも広げたいという思いのもと、かねてからマリン事業に取り組んできました。『LEXUS Sport Yacht Concept』は、レクサスが提供するライフスタイルを拡げる新たなモビリティの提案です」とコメントしています。

 外観は立体的なフォルムと曲線美を追求し、高性能を予感させる優美かつ躍動感のあるスタイリングを実現。バウキャビン(船室)は、日本の「和」を意識した落ち着きのあるデザインを基調とし、黒のガラスフローリングや情緒感のある照明により、非日常的な空間を演出したといいます。

 全長12.7m、全幅3.86m、最大人数8人。エンジンは「レクサス」のスポーツモデルである「F」モデルや、ラグジュアリークーペ「LC」に採用されているV型8気筒5Lエンジンを船舶用にチューニングし、2基搭載。最高速度は43ノット(約80km/h)です。

【画像】前向きにも横向きにも座れるオープンデッキのシート