有名無名を問わず絶対に観たくなる作品を、洋画担当者が“超絶観たい”ポイントとともにご紹介! 自分好みの作品が必ず見つかるはず。



『キル・コマンド』


進化する戦闘用ロボットが暴走! 海兵隊VSロボットの死闘を描くアクション

近未来のロボット化社会を背景にしたアクションスリラー。ロボットが労働力の多くを担う世界。軍事演習で研究施設を訪れた海兵隊員たちが、暴走した軍事用ロボット集団に攻撃され、海兵隊に同行したロボット開発者の女アンドロイドは打開策を探る。リアルなCG、ハードなアクションとも本格的で、低予算ということをみじんも感じさせないクオリティだ。



『キル・コマンド』



[ココが超絶!]VFXを駆使したリアルなミリタリーバトル

数種あるロボットは、指令役に捕獲役、飛行偵察役、4足歩行の銃撃役など、それぞれデザインも動きも個性的。海兵隊員たちの戦術を即座に学習する。銃弾と砲弾が乱れ飛ぶ戦争さながらの死闘から目が離せない。



『キル・コマンド』



イギリスの新鋭監督はギャレス・エドワーズの盟友

スティーヴン・ゴメス監督は英国のTV界でキャリアを積んだ俊英。同郷である『GODZILLA ゴジラ 2014』のギャレス・エドワーズ監督に「自分のクローン」と言わしめ、監督デビューを飾った。精巧なVFXと抑制の利いた演出手腕がさえている。



『キル・コマンド』




『キル・コマンド』








『キル・コマンド』



10.5 RENTAL

'15年・英

監督・脚本/スティーヴン・ゴメス

出演/ヴァネッサ・カービー、トゥーレ・リントハート、トム・マッケイ、デヴィッド・アジャラ




⇒作品紹介・レビューを読む





(C) Kill Command CD Limited 2015



『ノック・ノック』



『ノック・ノック』



善良なパパを襲う“猛毒”美女たち! キアヌ・リーヴス主演のスリラー

妻子の留守中、雨にぬれ道に迷ったという美女二人を家に入れたエヴァン(リーヴス)。彼は二人の誘惑に逆らえず官能の一夜を過ごすが、それが破滅の始まりだった! 『ホステル』『グリーン・インフェルノ』の異才イーライ・ロス監督が放つ不条理スリラー。浅はかな欲望が悲劇をもたらす物語は、男性なら身につまされるはず!?



『ノック・ノック』



[ココが超絶!]パパ役キアヌが悲惨なボロ雑巾状態に!

普段はよき家庭人のエヴァンが一度の過ちで地獄を見る。情事の動画を撮影され、芸術家の妻の作品を壊され、来訪した知人も犠牲にされる。加速度的にズタボロになるキアヌは他の作品では見られない!





『ノック・ノック』








『ノック・ノック』



10.5 RENTAL

'15年・米、チリ

監督・製作・脚本/イーライ・ロス

製作総指揮・出演/キアヌ・リーヴス

出演/ロレンツァ・イッツォ、アナ・デ・アルマス




⇒作品紹介・レビューを読む







(C)2014 Camp Grey Productions LLC



『クランプス 魔物の儀式』



『クランプス 魔物の儀式』



[ココが超絶!]ヨーロッパの伝説的魔物、クランプスがコワい!

“西洋版なまはげ”と称される魔物、クランプス。ヤギの角に錆びた鎖と鐘を持ち、子どもに罰を与える恐怖の存在が、クリスマス・イヴにもめてばかりの家族の前に姿を現す。おぞましいビジュアルと怒濤のショック描写が強烈だ。





『クランプス 魔物の儀式』








『クランプス 魔物の儀式』



10.5 RENTAL

'15年・米

監督・製作・脚本/マイケル・ドハティ

出演/エムジェイ・アンソニー、アダム・スコット、トニ・コレット、アリソン・トルマン、デヴィッド・ケックナー、クリスタ・シュタートラー




⇒作品紹介・レビューを読む







Film (C)2015 Universal Studios.All Rights Reserved. Artwork (C)2016 Universal Studios.All Rights Reserved.



『選挙の勝ち方教えます』



『選挙の勝ち方教えます』



[ココが超絶!]主演サンドラ・ブロックがユーモラス&パワフル

ボリビアの大統領選挙候補者のコンサルタントに雇われた米国人女性と、対立候補のコンサルタントを務める宿敵が醜い攻防を展開! 宿敵相手になりふり構わず闘う主人公をブロックは体当たりで演じ、魅力を存分に発揮している。





『選挙の勝ち方教えます』








『選挙の勝ち方教えます』



10.5 RENTAL

'15年・米

監督/デヴィッド・ゴードン・グリーン

出演/サンドラ・ブロック、ビリー・ボブ・ソーントン、アンソニー・マッキー




⇒作品紹介・レビューを読む







(C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC.


(文:相馬学)