唯一にして最大の問題は、終盤における限定的な脚色。



「秘密を抱えた人々の悲哀」や「人を信じることの難しさ」を描いてきた天才作家・吉田修一が、2014年に発表した名著『怒り』が、邦画史上類を見ない超豪華キャストを迎えて実写映画化され、9月17日に全国公開を迎えた。本作には、マスコミを中心に各方面から激賞の声が集まっているのだが、筆者は映画版に対するこの肯定的な空気に居心地の悪さを感じている。というのは、劇中終盤における限定的な脚色が、原作以上に魅力的な展開を生んでいるとは、どうしても考えられないからだ。



物語は、八王子で発生した凄惨な殺人事件を端緒とする。罪もない夫婦を殺害し、全裸で現場に留まった後、犯行現場に「怒」の血文字を残して逃走した容疑者・山神一也。整形して社会に溶け込み逃げ続ける山神を必死に追ってきたものの、その足取りを一向に掴めないでいた警察は、テレビ番組を使った公開捜査を展開する。これと時を同じくして、東京、千葉、沖縄で暮らす男女が、素性の知れない、謎めいた男と出会っていた…。



(C)2016「怒り」製作委員会

(C)2016「怒り」製作委員会




特筆すべきは、邦画史上類を見ない豪華キャスト、そして彼らが見せる熱演である。千葉で暮らし、「他の子と少し違う」娘に思い悩みながら漁港で働く洋平を演じた渡辺謙は、武骨で不器用な洋平の姿を、日常的な所作から台詞の間に至るまで、これまで積み上げてきた演技力を総動員して見事に構築している。その娘である愛子を演じた宮崎あおいも、抱きしめていなければ飛んで行ってしまう風船のように危うい存在であると同時に、誰よりも純粋で無邪気な愛子の姿を、弾けるような笑顔と陰のある横顔を使い分けることで体現してみせた。



東京で暮らすエリートサラリーマンの優馬に扮した妻夫木聡は、ゲイという設定に嘘くささを感じさせない艶めかしさを纏い、都会的でありながらも野性的なキャラクターを築き上げているし、母と共に沖縄に移住してきた女子高生の泉役を務めた広瀬すずも、序盤では瑞々しい笑顔を見せながらも、直視するのも憚られるハードなシーンを体当たりで演じ、これまでの「清純派」というイメージからの脱却を実現している。



(C)2016「怒り」製作委員会

(C)2016「怒り」製作委員会




この、東京、千葉、沖縄、それぞれの地で暮らすキャラクターに予期せぬドラマを与えるのが、洋平の漁協に現れた田代(松山ケンイチ)、発展場で優馬と出会った直人(綾野剛)、放浪の旅の途中で泉と出会った田中(森山未來)という、謎に包まれた三人の男たちだ。彼らはそれぞれ過去を語りたがらず、つかみどころがない。その一方で、部分的に山神と共通する事項があり、観客は彼らが紡ぐ人間模様を眺めながら、「三人の中の誰かが山神なのではないか?」という疑問の「答え」を見出そうと努めることになる。



本作が素晴らしいのは、この「答え合わせ」のプロセスにおいて、答えを導くことに腐心していない点だ。「犯人探し」をテーマとするミステリーものは、往々にしてこれに固執するばかりに、全体的に物語が薄味になってしまうことが多い。しかし、李監督は(無論、原作の吉田もだが)、謎めいた三人の男を段階的に肉付けしていき、物語には直接関係しない生活のディテールを拾い上げ、人々が抱える秘密とこれが招く悲劇的な結末を丁寧に描いていくことによって、「犯人探し」を目指すだけの浅薄なミステリーに終始させていないのだ。



(C)2016「怒り」製作委員会

(C)2016「怒り」製作委員会




その過程では、松山・綾野・森山が見事なパフォーマンスを見せており、それぞれが山神なのではないかという疑念を喚起させる「不審さ」を表現すると同時に、一人の男として魅力的な人物像を確立している(特に直人を演じた綾野が醸し出す、そこはかとない色気には参ってしまった)。その結果、観客は三人のうち誰かが山神であると信じることに拒否感を覚え、彼らと交流する登場人物たちと同様に、三人の男へ愛情のようなものを抱きながら、「答え合わせ」に激しく苦悩することとなる。



これまでに実写化された吉田の『パレード』や『悪人』と同様に、本作も、目を逸らしたくなる現実、秘密の裏に隠された悲しみ、「人を信じることの難しさ」を描くことよって、観客の心を痛いほどに揺さぶる重厚なドラマに仕上がっているように見えた。しかし、である。問題は終局にかけて表出する。本作では、脚本(つまり脚色)を李監督が手がけており、ほとんどの描写・展開は原作と同じ(無論、全てを再現しているわけではないが)なのだが、李監督は終盤に変化を与えることを選択した。本作唯一にして最大の問題は、この限定的な脚色に他ならない。



(C)2016「怒り」製作委員会

(C)2016「怒り」製作委員会




問題なのは、山神が第三者に特定されるまで、そしてその後に与えられている脚色である。原作を読まずに本作を鑑賞した者なら大した疑問を抱くことはないだろうが、原作を踏まえた上で鑑賞した者からすると、この脚色は実に陳腐なものに映った。なぜなら、本作における脚色は、原作で効果的に機能していたドラマティック・アイロニー、「愛する人を守るため」という利他心に基づく自己犠牲の精神の悲しさと尊さといった、観客に感動を与え得る要因を、すっかり削いでしまっているからである。山神の特定の影で進行するその他のドラマには原作からの変更がないだけに、李監督の脚色は、吉田が小説で披露した作家性の高さを逆説的に証明するという残念な結果を招いてしまった。



多少の違いはあれど、原作とほぼ同じストーリーを紡ぎながら、李監督が終盤で脚色を施した理由については、彼が原作をストレートに再現することに意味を感じなかったことが考えられる。確かに、せっかく映画化するのであれば、原作にはないものを見せて欲しいという期待も観客は抱くものだ。しかし、原作があまりに完成されている場合は、脚色をするのは非常に危険な選択となる。李監督は、この落とし罠に落ちたのである。坂本龍一の美しい音楽と共に流れるエンドロールを眺めながらこの事実に気づいた筆者の心に生まれたのは、原作から得られたようなカタルシスではなく、失望に似たわだかまりだった。



(C)2016「怒り」製作委員会

(C)2016「怒り」製作委員会




…とは言え、この脚色以外は全く以て素晴らしい。それぞれの物語は独立しているので、山神に訪れる結末以外は、原作同様、実に感動的なドラマに仕上がった。また、先述したメインキャスト以外にも、山神を追う若手刑事・北見役の三浦貴大、その先輩である南条役のピエール瀧、優馬の母で余命いくばくもない貴子役の原日出子、洋平の姪である明日香役の池脇千鶴、泉に恋心を抱く同級生の辰哉役の佐久本宝、直人の過去を知る女性・薫役の高畑充希らサブキャスト陣は、それぞれが役柄に生々しい息遣いを吹き込み、物語に厚みを与えることに寄与している。



本作は、決して気楽に鑑賞できる作品ではない。思わず目を背けたくなるようなシーンもあるし、今日の日本が抱える問題についての、消化し難い強烈なメッセージも込められている。しかし、三人の男に対峙し、「人を信じることの難しさ」に葛藤を募らせる人々が、どうしようもないほどの絶望を感じた末に一握の希望を見出す姿からは、悲しみを抱えながらも生きるために前を向くことが、いかに尊い行いであるかを、強く実感させられるはずだ。



(文:岸豊)


映画『怒り』

大ヒット上映中





原作:吉田修一(「怒り」中央公論新社刊)

監督・脚本:李 相日

出演:渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野 剛

広瀬すず 佐久本宝 池脇千鶴 ピエール瀧 三浦貴大 高畑充希 原日出子

宮崎あおい 妻夫木 聡