脚本を務めた吉田玲子の「引き算」が秀逸



京都アニメーションといえば、『けいおん!』や『涼宮ハルヒ』シリーズなど、愉快な青春アニメ作品を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。しかし、同スタジオの最新作である劇場版アニメ『聲の形』は、これまでの作品群とは全く違うテイストの作品となった。「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位や、第19回「手塚治虫文化賞」新生星に輝いた大今良時の同名コミックを原作とする本作は、小学校時代のいじめに端を発す、少年少女の人間模様を描いた作品なのである。



 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




小学生の石田将也(声:松岡茉優)は、クラスに転校してきた聴覚障害を抱える少女・西宮硝子(声:早見沙織)を、軽い気持ちからいじめてしまう。しかし、硝子へのいじめを担任に糾弾されたことがきっかけで、今度は将也がいじめられることに…。その後、孤独な日々を過ごして高校生になった将也(声:入野自由)は、硝子に謝ろうと、彼女が通う手話教室を訪れる。手話を通じて硝子と打ち解け、硝子の妹の結絃(声:悠木碧)とも親しくなった将也は、硝子と共に、かつてのクラスメートたちに会いに行くのだが…。




 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会





斬新なのは、主人公の将也が持つ二面性だ。いじめを題材とする作品は、往々にして「いじめられる側」か「いじめる側」のどちらかを主体に描かれることが多いが、主人公である将也が「いじめた側」で、なおかつ「いじめられる側」でもあったという設定は、いじめに対して一面性しか持たない主人公のそれよりも、観客にとって感情移入しやすくなる。将也がいじめた硝子と早い段階で和解するのは些か「簡単すぎる」と思えるかもしれないが、硝子が将也を赦す背景には実に切なく優しい硝子の思いが隠れているため、都合の良さなど微塵も感じさせない。



 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




そんな将也と硝子が歩む再会の旅路では、誰もが自分を見つけられる人物描写が光る。というのもこのプロセスでは、「将也による硝子へのいじめ」と「将也に対するクラスメートのいじめ」という「2つのいじめ」が絡み合うことによって、それぞれのいじめにおける「いじめられた者」「積極的にいじめた者」「いじめを傍観していた者」「いじめを止められなかった者」「いじめられた者の味方になった・あるいはそのつもりだった者」という、いじめが基で生まれる全ての立場が、それぞれのキャラクターが胸に秘める思いと共に描かれるのだ。恐らく、人生の中でいじめを目撃しなかった人はいないだろう(もしいたら相当な幸せ者である)。故に観客は、劇中に必ず「過去の自分」を見つけることができるのである。



 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




いじめという題材の重さがある分、物語は基本的にスローなテンポで進んでいくが、一人のコミックレリーフの存在が、物語に軽やかなリズムを与えているのも見逃せない。そう、将也の「ビッグフレンド」(自称)となる、永束友宏(声:小野賢章)である。(結絃いわく)う○こ頭で、アメリカかぶれのテンションは若干のうざさを感じさせるものの、将也と同じく孤独だった彼が見せる友情への飢えは実に微笑ましい。主に将也や結絃との絡みが笑いを誘う永束だが、原作の一コマ一コマでも十分コミカルに感じられた彼の挙動の面白味は、一連の動きとして描くことができるアニメに落とし込まれることによって、効果的に増されているように思えた。



 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




週刊少年マガジンで連載されていた原作は、全部で7巻。某週刊漫画誌が象徴的だが、質の高い作品は編集の意向によりだらだらと引き伸ばされることが多い昨今、無駄のないストーリーテリングを見せ続け、スマートに物語を完結させた大今の手腕には恐れ入る。この原作を120分弱の上映時間に落とし込む上では、当然ながら物語を部分的に削いでいく必要性が生じるわけだが、脚本を務めた吉田玲子は、実に上手くこのタスクをこなしてみせた。具体的に言うと、前半部分の将也が硝子をいじめ、そして将也がいじめられるようになる日々を描く「過去」パートでの情報量はほぼそのままに保つ一方で、2人が和解してからクラスメートたちを再訪し、新たな友人たちと関係を深めていく現在パートには明確な変化を与えている。原作で登場した「映画制作の日々」を含む一部の描写が、本作には登場しないのだ。



 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




原作ファンからすれば、将也と硝子のクラスメートや新たな友人たちの人物像が深く掘り下げられる「映画制作の日々」や、サブキャラクターの隠された過去が描かれるエピソードは、本作でも描かれるべき内容に思えるかもしれない。確かに本作では、将也と硝子、そして結絃を除くキャラクターへのフォーカスは、原作と比較して甘くなったと言えるだろう。しかし、その裏で吉田は、観客の意識を、主人公の将也、ヒロインの硝子、そしてもう一人の主人公としての結絃の視点に集中させることに成功してもいる。その結果、終盤で西宮家に訪れる悲劇や、結絃が写真を撮り続けてきた理由の説明、将也の前に立ちはだかる困難といった見せ場は、原作で描かれた以上にドラマティックなものになった。



 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




また、一部キャラクターとの再会と、そのキャラクターが見せる将也の困難への介入にも脚色が与えられているのだが、これによって本作には、原作にはなかった「苦み」が生まれている。さらに、原作でクライマックスの後に描かれた「後日譚」的なパートを描かずに、物語の着地点を文化祭に定めることで、これまた原作にはなかった「余白」を演出しつつ、違った印象のラストを導き出しているのも素晴らしい。邦画に限らず、映画における脚色では、脚本家が自分のオリジナリティを出したいという欲に駆られて「引き算と足し算」(脚色における情報の削除と追加)を同時に行った結果、「計算間違い」を犯してしまう(全体的な物語の魅力が弱められてしまう)場合が多いのだが、吉田は「引き算」に徹することでこれを回避するのみならず、独特な後味を付与するという離れ業をやってのけた。



 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




繰り返しになるが、恐らくいじめはどの学校にも存在する。ないと思いたい気持ちは痛いほどに分かるが、一定数の人間が集まれば、必ずどこかからわだかまりは生まれてしまうものだ。特に、硝子のように「他の子と少し違う」子がいる場合は。本作における「過去」パートは、スマホなど存在しない時代の物語だが、今となっては小学生がスマホを持つのは珍しいことではない。直接的ないじめではなく、ネット上での匿名いじめも可能になっており、目を逸らしたくなるほど悲惨な内容の事件に繋がってしまうこともある。こうした形でいじめの多様化が認められる今日において、いじめをなくすことは極めて困難な課題である。もしかすると、無理なのかもしれない。ただ、いじめに関わった者たちの罪と罰と赦しを、深みのある心理描写を通じて描く本作は、「いかにいじめが無意味なことであるか」、そしていじめに加担した人間が罪を償おうと努力するなら、「遅すぎることなどない」という温かな真実を伝えてくれる。



 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




白状すると、筆者は京アニに対して、テレビシリーズを劇場アニメ化するという、ある種「安パイ」な作品作りを行っているという印象があった。しかし、人気漫画の翻案というハードルの高い企画としての本作に胸を打たれた今、ここではっきり言いたい。おみそれしました…と。そして、いじめという普遍的なテーマを軸に、多彩かつ共感を誘うキャラクター設計と秀逸な脚色が噛み合うことによって、原作ファンか否かを問わずに見る者を魅了する本作は、同スタジオの代表作と呼ぶに相応しい作品である、とも。脚本の吉田はもとより、美しいアニメーションを描きあげた作画スタッフ、キャラクターに声という命を吹き込んだ声優陣、そして全てを纏め上げた山田尚子監督には、大きな拍手を贈りたい。



(文:岸豊)


映画『聲の形』

公開中





キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織

西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希

佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行

石田将也(小学生):松岡茉優



原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)

監督:山田尚子

脚本:吉田玲子

キャラクターデザイン:西屋太志

美術監督:篠原睦雄

色彩設計:石田奈央美

設定:秋竹斉一

撮影監督:高尾一也

音響監督:鶴岡陽太

音楽:牛尾憲輔

音楽制作:ポニーキャニオン

アニメーション制作:京都アニメーション

製作:映画聲の形製作委員会

配給:松竹