10月から放送スタートする織田裕二主演の新・日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)の第1話のメインゲストとして、織田の盟友で俳優の石黒賢が出演することが決定した。


主人公・法門寺沙羅駆を演じる織田を中心に、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、宮尾俊太郎、真飛聖、新川優愛、矢野聖人、篠井英介、寺島進、そして中谷美紀と個性豊かなキャストがレギュラー出演者として集結している。



石黒が演じるのは、沙羅駆が偶然知り合った、やり手CMクリエイティブディレクター・早乙女伸。



共通の知人宅で優雅な食事を楽しんでいる折に早乙女の会社に強盗が入り、早乙女の部下が命を落としたとの連絡が入る。しかし沙羅駆の脳に浮かんだ微かな疑問。そしてその疑問を解いていくうちに次々と新たな謎が…。沙羅駆はこの難事件を華麗に解決することはできるのか!?



石黒との共演について織田は「彼の演じるクレバーな早乙女伸に沙羅駆はいじめられてます(笑)。相手に不足なしです。芝居には緊張感が必要だと思いますが、二人とも大人になりましたから、緊張感だけじゃない、ゆとりみたいなものがちょうどいい具合に出たらいいなと思っています」とコメント。



また、石黒は「織田さんは芝居に対してすごく真面目な人なので、一緒に芝居をするのが楽しいです。彼は真面目がゆえに昔から現場でいきなりセリフ合わせをし始めるんです。いきなり自分のセリフ言い出すので、じゃあ一緒にやらないと申し訳ないなぁと。僕はそんな彼に慣れているので合わせてます(笑)」とコメントしている。



同ドラマの第1話は10月16日(日)21時からTBSで20分の拡大版で放送予定。



>ドラマまとめ記事をもっと見る