若手俳優の稲葉友が、10月からスタートする新ドラマ『レンタル救世主』(日本テレビ系)へ出演することが決定した。


稲葉が演じるのは、零子(志田未来)が通うコインランドリーで、なぜかいつも遭遇する女装男子の薫。年齢、正体ともに謎の存在でありながら、時として零子の背中を押すことになるキーパーソン。



役作りで一部の体毛を剃り、目指すキャラクター像に近い人の話し方や仕草を研究、考えるイメージ像と日々奮闘している。慣れないスカート、ロングヘア、キャラクターの複雑な心理と格闘しながらも、共演者やスタッフからは、「かわいい!いい女!」など、役の仕上がりの評判は上々のようだ。



今年は映画『MARS〜ただ、君を愛してる〜』やドラマ『HiGH&LOW Season2』などにも出演し、ドラマ『ひぐらしのなく頃に』では初主演も務めるなど、注目を集めているイケメン若手俳優の稲葉。



新ドラマでは女装男子という難役、かつ核心に迫るセリフで物語にまた新しいスパイスをもたらす。



ドラマ出演について稲葉は「志田未来さん演じる零子に寄り添って、謎多き薫という役を演じていけたらと撮影に臨んでおります。女性の服と髪とメイクをしていただくと、自然と女性の仕草が身体から立ち上がる感覚は演じていてとても新鮮で、 そんなところも視聴者の皆様にも楽しんでいただけたら幸いです」とコメントしている。



>稲葉友の記事をもっと見る