愛を探し求め続けた一人の女性“エル”を主人公としたAcid Black Cherry(アシッドブラックチェリー)のコンセプトアルバムの実写映画化『L−エル−』。この度、本作の公開日が、2016年11月25日(金)に決定した!また今回、新たなキャストとして成田凌が緊急出演!その役どころは?



成田凌が“実直なパン屋役”で出演!



成田凌

成田凌/(C)2016映画「L−エル−」製作委員会






昨年リリースされた本アルバムは、【CDショップ大賞2016】の入賞作品に選出され、総計20万枚以上の驚異的なセールスを記録した。また、アルバムのみならず、昨秋には物語部分が書籍化され5刷されるなど、ミュージックシーンにあって異例の展開をみせてきた。



そんな「L−エル−」の哀しくも美しい世界観を、最新映像技術を駆使して完全映画化した本作。主人公エル役の広瀬アリスをはじめ古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、古畑星夏ら若手実力派のキャストが集結。そんな中、新たなキャストとして成田凌が参戦。エルが送る波乱の人生に影響を与える男性の一人で、実直なパン屋役を演じる。



当初のキャストを変更して、急きょ出演することとなった成田。製作サイドも「Acid Black Cherryさんが世に出した壮大なコンセプトアルバム『L−エル−』を映画にしたいという想いからスタートしたこのプロジェクト。その志は今も変わらず、製作スタッフ、キャストが一丸となって、完成に向けて邁進しております」と、その仕上がりには自信をのぞかせている。



Acid Black Cherry

Acid Black Cherry/yasu



映画『L−エル−』

2016年11月25日(金)公開



出演:広瀬アリス、古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、前川泰之、成田凌、弥尋、Mikako(FAKY)、古畑星夏、田中要次、高橋ひとみ

原作:Acid Black Cherry 4th ALBUM「L−エル−」より

脚本:下山天・阿久津朋子 監督:下山天

制作プロダクション:AOI Pro.

配給:東宝映像事業部

コピーライト:(C)2016映画「L−エル−」製作委員会



【STORY】

ただ、私は愛されたかった…欲しかったのは、愛。 色のない街”で生まれ、両親に愛情を注がれて幸せに育った少女エル(広瀬アリス)。ところが両親の突然の事故死により、エルの人生は一変していくこととなる。悲しみに打ちひしがれる幼きエルを得意の絵で元気づけたのが、幼なじみの絵描きの少年オヴェス(古川雄輝)だった。エルとオヴェスは互いを励ましあいながら生きてきたが、成人したエルは“ある選択”を迫られ、突然消え去るように故郷から去っていき、二人は離れ離れになる。誰かを信じては裏切れられ また誰かを信じては傷つけられ、襲い掛かる運命に翻弄されながら波乱の人生を懸命に生きたエル。そして遠い故郷からエルを想い続けたオヴェス。二人の生涯を綴った壮大な物語が“真実の愛”とは何かを描き出す。