22日、都内で映画『真田十勇士』の初日舞台挨拶が行われ、キャストの中村勘九郎、松坂桃李、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、大島優子、加藤雅也、石垣佑磨、大竹しのぶ、そしてメガホンを取った堤幸彦監督が登壇。共演したキャストの中で魅力的な人物を問われた大島は、男性陣ではなく大竹を選び、「ご一緒できて凄い嬉しかった」と語った。



本作は、天下の名将と名高いものの、実は“腰抜け”の武将である真田幸村が、猿飛佐助ら十人の部下たち、通称:真田十勇士と共に、徳川家康が率いる大軍勢に戦いを挑む姿を描く時代劇アクション。公開初日を盛大に盛り上げるべく、舞台挨拶直前には、中村、松坂、大島、加藤、大竹が、真田軍を引き連れて有楽町の街に突如出現。居合わせた人々はあまりに突然のことで驚きながらも、『真田十勇士』だと気づくや否や黄色い声援が飛び交い、キャスト陣も笑顔で声援に応えていた。



本作の撮影時は過酷なロケが多数あり、苦楽を共にした仲間と初日を迎えることができた中村は、とても感慨深いようで、「今日こうして大勢の方々が観に来て下さったことが本当にうれしいです。キャストとスタッフともども過酷な状況で撮影をしていたので、それがやっと花咲いた日になりましたね」と笑顔で語った。













当日は、本作の重要なテーマの一つでもある“絆“の強さを改めて実証するため、加藤和樹が考案し、撮影の合間にも行っていたという早口言葉に一同が挑戦する場面も。会場に訪れた800人の観客の注目を一身に受ける中、真田親子(加藤雅也&望月)が躓きそうになる場面もあったものの、一同は無事に大成功を収め、きずなの強さを証明した。



本作では、アクションのみならず、淀殿(大竹)が幸村(加藤雅也)に、火垂(大島)が才蔵(松坂)に抱く“秘めた想い”も見どころになっている。実際に“秘めた想い”を抱いてしまうほど魅力的なキャラクターを女性陣に聞いてみると、大竹は即答で真田幸村の息子である大助役の望月を挙げ、「撮影の時はもっと小さかったのに、いつのまにこんなに大きくなって…凄いなって思いました」とコメント。まだ初々しさが残る望月へ歩み寄ると、「どんな役者さんになりますか?」と質問。突然のことに驚いた様子の望月は「頑張ります!」と答え(?)、この和やかなやり取りには会場からも温かい笑い声が起こっていた。



一方の大島は「どうしたらいいの?(笑)」と悩んだ末に、「並んでください!」と意中の人の方を叩く方法を選択。これには男性陣から、「合コンじゃないんだから!」と突っ込みがあり。会場は爆笑。最終的には監督へ相談し、身構えるイケメン男性陣を横目に、大竹にハグ。「ご一緒できて凄い嬉しかったんです」と伝え、「大竹さんが目の前で寝ているところを観察する時間が凄い楽しかったです(笑)」と裏話も明かし、これを受けた大竹は「そんな褒め方あるんだ(笑)」と返して笑いを誘っていた。


映画『真田十勇士』

公開中





監督:堤幸彦

脚本:マキノノゾミ 鈴木哲也

アクション監督:猪俣治裕太

VFXスーパーバイザー:朝倉怜

制作指揮:中山良夫

制作:大角正、佐藤直樹、熊谷宜和、藪下維也、永井聖士、阿部順一、弓矢政法、長坂信人

ゼネラルプロデューサー:奥田誠治

エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、今泉浩美

企画・プロデュース:村松英幹

プロデューサー:飯沼伸之、伊藤卓哉、福島聡司

撮影:唐沢悟

美術:清水剛

照明:木村匡博

録音:鴇田満男

編集:伊藤伸行

音楽プロデューサー:茂木英男

監督補:稲留武

助監督:宮村敏正

衣装デザイン:黒澤和子

装飾:高橋光

VFX監修:野崎宏二

アニメーション監修:橋本満明

音響効果:北田雅也

記録:奥平綾子

現場編集:似内千晶

監修:北川央

配給:松竹・日活

(C)2016『真田十勇士』製作委員会