映画ライター・新谷里映が心動かされた、本当に観て欲しい映画たちを連載コラムでお届け。



第12回目は実話ベースの映画2本立て。しかもそれらがどちらも“衝撃的”だというのだから見逃せない。


本当にそんなことがあったのか!? 嘘のような本当の事件を知る、実話をもとにした映画の面白さのひとつだ。感動の実話もあれば、呆れてしまうような実話もあって――同じタイミングで公開となった『コロニア』と『エル・クラン』も実話がベース。前者はチリでの事件、後者はアルゼンチンでの事件、偶然にも南米の隣合った国の事件だった。



まずは『コロニア』から。コロニアとはチリにあるコミュニティ“コロニア・ディグニダ”のこと。実在した拷問施設で、ひとたび足を踏み入れたら最後、自由を奪われ、まるで囚人のような生活が待っている。この映画は、クーデターに巻き込まれコロニアに送られてしまったジャーナリストの恋人を救出するため、たった一人でコロニアに乗り込むヒロインの救出劇。社会派ドラマにしてラブストーリーであることも興味をそそられた点だ。



ヒロインのレナを演じるのはエマ・ワトソン。と言えば『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニーだが、ファンタジーとは対照的な作品に出ることで、長年演じてきた子役のイメージを払拭、大人の演技派女優の仲間入りを果たした。あのエマ・ワトソンがこういう作品に? という驚きもあるだろう。



彼女の演じるレナは、恋人のダニエル(ダニエル・ブリュール)をコロニアから救い出すために自ら施設に入所するわけだが、そこがもう究極のラブストーリーだと思った。会えるかどうか分からない、自分の命もどうなるか分からない、それでもレナは愛する人のために行動する。とてつもなく強い女性だ。



もしも自分が旅先で恋人と離ればなれになり、彼がコロニアのような場所へ連れて行かれたとしたらどうするのか……。自身の愛の深さを試されているような感覚もあった。ダニエルとは会えるのか、コロニーから脱出できるのか――ストーリーはシンプルだけれど、精神的にはかなりヒリヒリさせられる。



『エル・クラン』/(C)2014 Capital Intelectual S.A. / MATANZA CINE / EL DESEO

『エル・クラン』/(C)2014 Capital Intelectual S.A. / MATANZA CINE / EL DESEO




一方『エル・クラン』はアルゼンチンで暮らす、ある家族――プッチオ家の話。まず、中流家庭を支えていたその財源が、誘拐・強盗・殺人だったという実話に驚き、ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる“銀獅子賞”を受賞していることに興味を持った。監督のパブロ・トラペロは日本ではほとんど知られていないが、製作は『オール・アバウト・マイ・マザー』や『トーク・トゥー・ハー』で知られる鬼才ペドロ・アルモドバル。……とくれば、一気に“観たい映画”になる。



裕福で幸せそうなプッチオ家の仮面は物語のかなり早い段階で取り除かれる。ミステリー映画の場合、最後の最後で「えっ、あの一家が?」という展開で驚きを投げかけてくる。しかし、この映画の場合は最初からネタバレ全開で攻めてくる。どうしてその悪行が周りにバレていないのか? と疑問に思いながらも、白昼堂々悪事に手を染める家族の怖さは半端なくて震える。



自分の住む街で誘拐事件が頻繁に起きたらそれはそれは恐怖だ。しかも犯人が近所の一家だったら、ごく普通の一家だったとしたら……まさに事実は小説よりも奇なり。そんなふうに最初からこの一家が犯人ですと明かしてしているこの物語の結末には一体どんな驚きがあるというのか? それは、呆れるというか、開いた口がふさがらないというか、想像しがたい結末――。



これが本当に実話だなんて! と、驚きが止まらない衝撃の2本です。



(文・新谷里映)



>その他紹介タイトルはこちら






新谷里映





フリーライター、映画ライター、コラムニスト

新谷里映



情報誌、ファッション誌、音楽誌の編集部に所属、様々なジャンルの企画&編集に携わり、2005年3月、映画ライターとして独立。 独立後は、映画や音楽などのエンターテイメントを中心に雑誌やウェブにコラムやインタビューを寄稿中。



【tumblr】新谷里映/Rie Shintani 






映画『コロニア』

公開中





出演:エマ・ワトソン(「ハリー・ポッター」シリーズ「ウォール・フラワー」)ダニエル・ブリュール(「ラッシュ/プライドと友情」)ミカエル・ニクヴィスト(「ミレニアム」シリーズ)ほか

監督:フロリアン・ガレンベルガー

2015年/ドイツ・ルクセンブルク・フランス/英語・スペイン語/シネスコ/5.1ch/110分/G

提供:日活

配給:REGENTS、日活



『エル・クラン』

公開中





監督:パブロ・トラペロ

脚本:パブロ・トラペロ、ジュリアン・ロヨラほか

製作:ペドロ・アルモドバル、パブロ・トラペロほか

出演:ギレルモ・フランセーヤ、ピーター・ランザーニ、リリー・ポポヴィッチほか

2015/アルゼンチン/110分/シネスコ/

原題:El Clan/PG-12

配給:シンカ、ブロードメディア・スタジオ