本木雅弘主演の映画『永い言い訳』から、本作を鑑賞した多くの人が心を奪われたと語る、子役たちの劇中写真が公開された。妻を事故で亡くした夫で、竹原ピストルが演じる大宮陽一の長男・真平役の藤田健心と、長女・灯役の白鳥玉季が、それぞれ愛らしい姿を見せている。



本作は、妻の夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったという知らせを受けたまさにその時、不倫相手と密会していた人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(本木)が、周囲の人々と織り成す人間模様を描いた作品。事故の後、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない幸夫は、妻の親友の遺族で、トラック運転手の陽一と、その子供たちに出会う。その後、幸夫はふとした思いつきから、幼い子供たちの世話を買って出て、子供を持つことがなかった幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが…。



 

(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会




本作で初めて子役たちの起用と演出に挑戦した西川美和監督は、子役たちに演技を強いることに抵抗を感じていたという。「もとから子どもたちを虚構の世界に引きずり込み、何かを強いるのはきついことだと思っていたんです。実際には体験もしていないことを想像して、涙を流させたり、芽生えてもいない負の感情をむき出しにさせたりするのは異常な人間性に導くような気がして苦手意識がありました」



 

(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会




しかし、劇中で無垢な魅力を振りまいている藤田と白鳥は、西川監督の想定を遥かに超える子役たちだった。「撮影が長くなれば電池も切れるし、なだめたりすかしたりも大変ですよね。でもそうやって葛藤する私を、彼らはあっという間に飛び越えて、体も精神も成長していく。自分がいかに力ない存在かということを認識しながら、大人が子どもと関わることの豊かさを痛感しましたし、反面、こんなに笑ったり叱ったりの多いにぎやかな現場を経験したのも初めてでした」



西川監督もびっくりの子役たちは、劇中でどんな演技を見せているのか?無垢な魅力に満ちた姿は、ぜひ劇場で確かめてほしい。


映画『永い言い訳』



10月14日(金)全国ロードショー!!





出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督: 西川美和



製作:『永い言い訳』製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)

原作:「永い言い訳」(文藝春秋刊)

制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 配給:アスミック・エース

(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12