女優の川島海荷が1日、3日から新しく総合司会をつとめる朝の情報番組『ZIP!』の囲み取材に出席。同席した桝太一アナウンサーとトークを展開し、現在は「激しめの、見せられないような顔の舌のトレーニング」で滑舌を強化していると告白した。


川島は今春に明治大学を、7月にアイドルグループ「9nine」を卒業したばかりの22歳で、帯番組の司会は初チャレンジ。約2年間にわたって総合司会を担当した北乃きいの後任をつとめることになる。



川島は「率直にとても嬉しかったです。大学時代に毎日見ていて、それで学校に通学して、私の生活の中でもすごく影響のあった番組だったので。それに出られるのが信じられない。まずは何も考えずにやりたい」と現在の心境をコメント。最近は朝一番に、日テレ学院のアナウンススクールに通って教わった複式呼吸や「激しめの、見せられないような顔の舌のトレーニング」をしていると恥ずかしげに告白した。



囲み取材に応じた日本テレビ・桝太一アナウンサーと川島

囲み取材に応じた日本テレビ・桝太一アナウンサーと川島




また川島は、通しリハーサルを終えたばかりで緊張しきり。「すごくお腹が鳴りそうだった」ため、リハーサル中は腹筋に力を入れていたと明かすと、枡が「MAKIDAIさんも(山口)達也さんも鳴ってるから大丈夫」とフォロー。「想定していない質問もことごとく上手く返された。『頼らせてもらうことがあるかもな』と思うくらいしっかりしている」とさっそく川島に信頼を寄せていた。



川島は後半、視聴者にどのような存在として見られたいか問われて「(視聴者の)皆さんの朝の準備がはかどるような、心地よい風を吹かせられる人でいたい」と決意を新たにしていた。



>川島海荷の記事をもっと読む