10月1日(土)より公開の、映画『アングリーバード』。全世界で30億ダウンロードされた大人気ゲーム初の映画化で、世界中で愛されるキャラクターがふわっふわ3Dで登場。太いまゆ毛がトレードマークで怒りんぼうのレッド、おしゃべりでお調子者のチャック、身体はデカいがビビリのボムの”3バカトリオ”が、バードアイランドで起きた大ピンチを救うため、怒りをパワーに変えて飛び立つフライング・アドベンチャーだ。今回は、本作のような“3バカトリオ”の魅力満載の映画をご紹介!



3バカだから、すべてが3倍!



本作の主役であるレッド、チャック、ボムは、三羽三様の短所を持ち合わせる“3バカトリオ”。変わり者で周囲から浮いてしまっている3羽は、その短所によってお互いにぶつかりながらも、自らの短所を強力な長所に変えて波乱万丈の冒険を共にする。劇中では、冒険を共にする“仲間”としてお互いを信頼し“絆”を深めて島の大ピンチに立ち向かっていく。



そこでこの度、愛すべき”3バカトリオ”が大活躍する映画をラインナップ! 団結力を発揮したかと思えば些細なことで決別したり、力を結集して大活躍を見せたかと思えば全員が共倒れになったり…。3バカみんなに共感して、悲しみ、苦しみ、それらを乗り越えた時の感動、すべてが3倍で味わえる”3バカトリオ”映画をとくとご覧あれ!



可愛くって、中毒性の高い3バカトリオ





『ミニオンズ』 (2015)






『ミニオンズ』 (2015)



好評レンタル&発売中




本作『アングリーバード』のプロデューサー、ジョン・コーエンが手掛けた『怪盗グルーの月泥棒 3D』から生まれた、正体不明の大人気キャラクター“ミニオン”。二頭身の黄色い体にオーバーオールという共通点を持ちつつ、1つ目だったり歯並びが悪かったり、それぞれ少しずつ違う特徴と豊かな感情を持ったコミカルで中毒性の高い不思議なキャラクターが人気沸騰。



3人のミニオンが主人公となるスピンオフ作品が公開。プロデューサーのジョン・コーエンは本作『アングリーバード』でも、ミニオンズと同じように世界で愛されるキャラクターを描いている。



⇒作品紹介・レビューを見る







愛すべき酔っ払いの3バカトリオ





『ハングオーバー!』シリーズ (2009、2011、2013)






『ハングオーバー!』シリーズ (2009、2011、2013)



好評レンタル&発売中




親友3人組が独身最後のバカ騒ぎとして、結婚式前のパーティで記憶を失うほど泥酔。滅茶苦茶に散らかったホテルのスイートルームで目を覚ますと、1人は前歯が抜かれ、見知らぬ赤ん坊がいて、バスルームからは本物の虎が登場…! 部屋を出るとさらなる驚きの連続が待ち受け、前夜に自分たちが起こした出来事が想像以上のスケールで明らかになっていくコメディ映画。



3部作となった大人気シリーズは、練り込まれた脚本にサプライズ満載の展開、お下劣なギャグと、どれをとっても一級品であり、第1作は第67回ゴールデングローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を獲得している。



⇒作品紹介・レビューを見る







スピルバーグも魅了された3バカトリオ





『きっと、うまくいく』 (2009)  原題:『3 idiots』






『きっと、うまくいく』 (2009)  原題:『3 idiots』



好評レンタル&発売中




原題『3 idiots』は日本語で「3人のおバカ」、また日本での一般公開前に第3回したまちコメディ映画祭では『3バカに乾杯!』のタイトルで上映されていたことからも分かるように、まさしく3バカトリオによる3バカトリオのための映画! ボリウッドの大スターであるアーミル・カーン主演、2009年の公開当時インド映画歴代興行収入1位となった歴史的大ヒット作品だ。



大学で出会い何をするにも一緒でバカ騒ぎ大好きの親友同士が、10年の歳月を経て社会の荒波と格闘しながら真の友情を模索していくストーリーが大きな感動を呼び、世界各国でリメイクが決定。スピルバーグ監督が「3回も観るほど大好きだ」と絶賛すれば、ブラッド・ピットは「心震えた」と語るなど、世界中の人々を虜にする名作だ。



⇒作品紹介・レビューを見る







大気圏外にも3バカトリオはいる!





『宇宙人ポール』 (2011)






『宇宙人ポール』 (2011)



好評レンタル&発売中




コメディ界を引っ張る迷コンビとして絶大な人気を誇る2人、サイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディ映画。この作品の3人目のおバカはなんと、アメリカ文化にかぶれた“宇宙人”! 地球人と繰り広げるカルチャーギャップなどのブラックジョークや、『未知との遭遇』『E.T.』をはじめとした過去の傑作SF映画へのオマージュも満載、さらに見逃せないのは『E.T.』のスティーブン・スピルバーグ監督がカメオ出演を果たすなど、観客の心をくすぐる仕掛けが盛り沢山の1本だ。



⇒作品紹介・レビューを見る







つらい時こそ立ちあがれ!『アングリーバード』



アングリーバード

アングリーバード




飛べない鳥たちが仲良く暮らす平和な島バードアイランドに、突然、船に乗った緑色のブタの大群ピッグ軍団がやって来た。はじめは仲良くしていたバードたちとピッグ軍団だが、ある時ピッグ軍団は次々にタマゴたちを持ち去り、とん(豚)ずら!? 一夜にしてバードアイランドからタマゴが消えてしまう! 平和な島だったバードアイランドは大パニックに…。



そんな中、「こんな時こそ立ち上がるのが仲間だろ!」と立ち上がったのは、なんと怒りんぼうのレッド。島中のバードたちはレッドをリーダーに、怒りんぼうパワーをエネルギーに変えて、大切なタマゴたちを取り戻す旅に出る! 飛べない鳥たちは勇気をふりしぼり、パチンコを使い、ついに空を飛ぶ!! アングリーバードたちとピッグ軍団との決死のフライングバトルが繰り広げられる!果たして、タマゴを無事にトリ戻すことはできるのか。今、タマゴ救出ミッションの幕が上がる! 怒りんぼうのレッド・超ハイテンションなチャック・ビビると爆発してしまうボムの”勇気”と”絆”が試される!



『アングリーバード』

『アングリーバード』



映画『アングリーバード』

公開中





原題:Angry Birds

全米公開:5月20日

監督:ファーガル・ライリー、クレイ・ケイティス

製作:ジョン・コーエン『怪盗グルーの月泥棒3D』

日本語吹替え版声優:坂上忍(レッド)、りんか&あんな(ベイビーバード)