映画『シンデレラゲーム』で初主演を務める女優の山谷花純が、10月1日に行われた同作の舞台挨拶に登場。共演者の吉田明加、春川芽生、佐々木萌詠らと一緒に、劇中と同じアイドル衣装を着て舞台挨拶に登場した。


新井淳平の小説を映画化した本作は、孤島へ拉致された落ちこぼれアイドルたちが、トップアイドルの座を懸けたデスゲームを繰り広げるさまを描いたバトルアクション。



主演の山谷は、映画初主演、初日を迎えての感想について「沢山の方に集まっていただいて、本当に嬉しいです。怒涛の撮影期間を経て皆さんに届けることができてホッとしています。観てくれた方がどのような感想を下さるのかとても楽しみな気持ちでいっぱいです。お仕事自体は小さい頃からやらせていただいているのですが、真ん中に立つということが今回初めてで、慣れなくて不思議な気持ちです」とコメント。



劇中のアイドル衣裳については「1人1人衣裳さんの手作りなんです。各分野の方々の愛がつまった作品です。それは衣装からも感じます」とコメントした。



さらに、撮影時の演技について「怒涛の撮影で、非現実的な設定で、役柄的にも人の死というものに敏感な役柄。自分を追い込んだほうが、作品にとっても自分にとってもプラスになるだろうなと思いました。初めての主演ということもあり、特別な思いがあったというのもあります」と語った。



舞台挨拶の最後には「本日はありがとうございました。この撮影のクランクインの日に実は大切な人を亡くしました。得るものも多いけど、失くすものも多いなと、役を通してですが私自身も強く感じることができた、そんな作品になっています。夢というのは一人じゃ叶えることができないからこそ、たくさんの方に力を借りて、少しずつ一歩一歩大きく成長できたらいけたらいいなと、改めて思わせていただいた、そんな『シンデレラゲーム』という作品になりました」とコメントした。



>“モモニンジャー”山谷花純インタビュー アイドルの闇「わかるな、この気持ち…」 映画初主演で分かったこと



>山谷花純の記事をもっと見る