10月3日(月)、都内にて、『永い言い訳』の特別試写会トークイベントが開催された。主演の本木雅弘、監督の西川美和、そして本木の義母である樹木希林も登場!本木への演技をはじめ、性格や交友関係にまでツッコミがさく裂した。



樹木希林、サラっと「友達いないの?」



今回、スペシャルゲストとして登壇した樹木は「身内を呼ぶということはよっぽど、友達がいない俳優なんですね」とコメント。娘婿の本木にさっそく鋭い突っ込みを飛ばし、会場を沸かせた。



樹木の登場に、本木は少し緊張気味

樹木の登場に、本木は少し緊張気味




本作は、本木演じる人気作家、衣笠幸夫(きぬがささちお)が突然の事故により妻を失ってしまう。しかし、夫婦関係は冷めきっており、かつ不倫相手と密会中だった幸夫は涙一滴流すことができなかった。そんな幸夫の周りの人間関係、人とのつながりを描いた作品だ。



樹木は、本作について「『永い言い訳』は、息子(本木)にピッタリのタイトル。この人は、千利休みたいに几帳面な人でこだわりが強い。それが楽しみなようで…。永い言い訳も楽しいようで…相手の気持ちは考えない」と本木の性格について痛烈に言及した。



また本木の演技については「監督と出会って、いい意味で50歳から俳優としてほころびて破けてゆく、そのほころびを摘んでもらった感じがする」と本作で本木の俳優としての新たな魅力“ほころび”について語った。



本木は器用過ぎた!?



イベント当日、客席からは、本作が家族や夫婦にまつわる物語であることから結婚や恋愛に関する悩みが寄せられた。「夫の家事の仕方にイラッととする!」との悩みに対して、樹木は「夫に期待なんかする? さりげなくやってくれる完ぺきな夫ならあなたと結婚しませんよ〜」と一刀両断。しかし、監督は「本木さんはすごく家事されますよね」と現場での様子を語った。劇中で不器用に洗濯物を畳むシーンを手際よくこなしてしまう本木。「現場の独身の助監督に洗濯物を畳んでもらい、その粗さを参考にしました」と撮影の裏話を語った。



イベント最後に西川監督は本作の見どころについて「つながらなければならないのは家族だけではない。家族や夫婦という関係に閉じこもらずに作品を受け止めてもらうと、周りの世界の見え方も変わってくるのではないかなと思います」と語る。そんな監督に対して、樹木は「美人で性格も悪くない…。このような人が映画界に出てくるといいですねぇ」とべた褒め。西川監督もうれしながら恥ずかしげな様子でイベントは終了した。



『永い言い訳』



(取材・文:nony)


映画『永い言い訳』

10月14日(金)全国ロードショー!!





出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督: 西川美和



製作:『永い言い訳』製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)

原作:「永い言い訳」(文藝春秋刊)

制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 配給:アスミック・エース

(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12