2009年3月、福井県立福井商業高等学校のチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝するという快挙を成し遂げた。この奇跡のような実話をもとに、広瀬すずを主演に迎え、中条あやみなどフレッシュなメンバーが集結し映画化された『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』が来年、2017年3月に公開される。



また、広瀬すず演じる主人公・友永ひかりの所属するチアダンス部JETSの顧問を務め、その厳しい指導から生徒たちから地獄と恐れられる鬼教師・早乙女薫子役を、天海祐希が演じることも決まった。



広瀬すずらが演じるチアダンス部を「前髪禁止!ネイル禁止!!恋愛禁止!!!」の厳しい規則で統率し、全米大会制覇という目標に向けて、時に熱く、時に厳しい言葉でチームを鼓舞する鬼教師役を熱演した天海。その熱演ぶりは、ダンスのコーチを務めた福井商業チアリーダー部のOGからも「早乙女のモデルとなった顧問の先生とそっくりです!」と太鼓判を押されるほど。そして、現場での広瀬たちと天海の関係性はまさに生徒と教師!



教師との強い信頼関係の中で成長していく、広瀬らJETSメンバーの雄姿と、彼女たちの成長を見守る教師としての天海の、厳しくも愛情のある表情に心動かされることは間違いなし!



天海祐希コメント

脚本を読んだ時の感想は?



「まず実話と伺って“すごい!”と思いました。早乙女のモデルになった五十嵐先生が「自分の役を天海さんにやっていただきたい!」と言ってくださったというのを聞いて、そんなに望んでいただけるのであれば是非と思いました。観た人が元気にそして幸せになれる映画になれば嬉しいです」



広瀬すずをはじめとする生徒との共演は?



「JETSのメンバーはそれぞれがものすごく努力していました。同年代の子たちが多い中で、お芝居をしているうちに目の色が変わってきて、この数か月ですごく大きくなったと思います。特に広瀬さんの負けん気の強さにはびっくりさせられました。同世代のメンバーと切磋琢磨した経験は彼女たちの財産に必ずなるはずです。頑張ることがかっこよくないという風潮もある中、彼女たちはとてもがむしゃらに泥臭く頑張っていて素敵だなと思いました」



映画を楽しみにしている人たちへ



「素敵な表情、言葉、思いが詰まっている映画です。どんな立場の方でも背中を押してもらえる映画です。かつて頑張ったことがある人、いま一生懸命な人には、きっと熱いものがこみ上げてくる映画になっています。私たちの想いを是非スクリーンで受け取ってください。」




(C)2017映画「チア☆ダン」製作委員会




☆★☆「日本全国、チアダンスしよっさ!キャンペーン」実施中☆★☆



映画にも全面協力している日本チアダンス協会(JCDA)の公認インストラクターが、日本全国を訪れ無料でレッスンを行うというもの。初めてチアダンスに挑戦する方、もっともっとチアダンスがうまくなりたい初心者の方などを対象にチアダンスの基礎や映画に出てくるダンスなどを教える、まさにチアダンスの楽しさを体験できるキャンペーン。



キャンペーン開催に際し、映画の主演を務める広瀬すずも「チアダンスの世界は最高に美しい世界やよ。届けばいいな。やってみよっさ!」と劇中で使用する福井弁でチアダンスの魅力をアピール。映画の公開に向け、ブームが巻き起こること間違いなしのチアダンスをいち早く体験してみては。※詳しくは映画公式サイトにて





【ストーリー】

県立福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬すず)は、中学からの同級生の孝介(真剣佑)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。しかし彼女を待ち受けていたのは、顧問の女教師・早乙女薫子(天海祐希)によって「目標は全米大会制覇!おでこ出し絶対!恋愛禁止!」という超厳しいスパルタ指導!!早々に周りが退部していく中、チームメイトの同級生・彩乃(中条あやみ)の存在もあり何とかチアダンスを続けていく決意をするひかり。チアダンス部は“全米大会制覇”に向かって走り出す!!フツーの女子高生たちの夢への挑戦が今、始まる―。




『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』

2017年3月公開





キャスト:広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥、真剣佑、柳ゆり菜、健太郎、南乃彩希、陽月華、木下隆行(TKO)、安藤玉恵、緋田康人、きたろう、天海祐希

監督:河合勇人(『映画 鈴木先生』『俺物語!!』)

脚本:林民夫(『永遠の0』『予告犯』)