4日、10月期の新ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のプレミア試写が行われ、主演の新垣結衣のほか、星野源、大谷亮平、石田ゆり子らが登場した。


今回のドラマは、海野つなみ氏が『Kiss』(講談社)で連載中の同名漫画が原作。新垣は「(役の森山)みくりの特徴として“小賢しい”というのがあるんですけど、原作を読むとそんなに悪いように感じられなくて、一生懸命だなと。愛される役になるよう頑張りたい」と、3年半ぶりとなるTBSでのドラマ主演の役どころを語った。



オファーがあってからすぐに原作を買って読んだという星野は、今回が初めてのラブコメドラマ。「35歳という年齢が同じで、今まで誰とも付き合ったことのない、という設定に、『来たな』と(笑)。僕こういう役がすごく多いんです。すごくまじめでいいやつ。真面目さが故に周りとずれていってしまうというところを演じたい」と意気込みを語った。



契約結婚というドラマでの関係について、新垣は「いいと思います。なぜ結婚するのか、というのは2人の自由なので。こういう形もありだな」と、ドラマの展開に自身も楽しみにしていることを明かした。



星野源、ガッキーの萌える姿に「萌え」



深夜まで続く撮影に「(星野と2人で)濃い時間を過ごしている」という新垣に、星野は「普通の女の子みたいだけど、カメラの前に立つと、スターになる」と新垣を持ち上げると、「もうやめてください(笑)」と照れた様子で返した。



エンディングではダンスも披露しているガッキー

エンディングではダンスも披露しているガッキー。星野のトークを横に少しだけ披露




また、キュンキュンするシーンを聞かれた新垣は、「1話で、津崎(星野)を看病するシーンがあるんですが、普段クールな津崎さんが弱ってる姿を見て萌える、というシーン。ギャップを見せてもらうと萌えるのかな、と。普段笑わない人が笑ったら“ファッ”ってなるじゃないですか。そういうところがキュンキュンすると思います」とコメント。そんな新垣のシーンに星野は「萌えているみくりの様子に『お前に萌えるよ』と見てました」と語り、会場の笑いを誘った。



一方、「男性から見てもスマートに演じたい」と今回のドラマ出演の気持ちを語った大谷。萌えるシーンについては「ないですね」とバッサリ。これには新垣からも「実生活ではどこで萌えるんですか?」と突っ込まれた。



『逃げるは恥だが役に立つ』はTBS系で10月11日22時から放送スタート。



>星野源の記事をもっと読む