先日に最終回を迎えたNHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で国民的女優となった高畑充希が、蒼井優の主演映画『アズミ・ハルコは行方不明』でキャバクラ嬢を演じていることが明らかになった。高畑はキャバ嬢役について「なんて素敵なタイミング」と語っている。



本作は『ここは退屈迎えにきて』で一世を風靡した新鋭作家・山内マリコの書き下ろし小説『アズミ・ハルコは行方不明』を『私たちのハァハァ』で知られる松居大悟監督が映画化した作品。高畑が演じる木南愛菜は、地方都市に暮らすハタチのギャル。大学を中退して地元に帰ってきたユキオ(太賀)に成人式で再会し、なんとなく遊んだりセックスしたりする中になり、彼と一緒にいたいという一心で、彼が暇つぶしに始めた「行方不明の女の顔のグラフィティ拡散」を手伝うという役柄だ。とと姉ちゃんとは正反対の超派手なキャバ嬢役には、マスコミからも驚きの声が続出中で、高畑が見せる体当たりの演技にも絶賛の声が集まっている。



撮影を終えた高畑は「撮影時期は愛菜がわからなくてわからなくて、ただただがむしゃらだったので、完走した時にちゃんと1人の人間になっていて本当にホッとしました。愛菜に出会えて、ハルコチームに出会えて、良かったです」とほっとしている様子。役柄については、「とと姉ちゃんも愛菜も、自分自身とは相容れない部分があるキャラクターだったのでとても難しく、だからこそ余計に愛おしく。そういうチャレンジをこれからも積み重ねていきたいな、と思いました。あと単純に、朝ドラの直後がアズミハルコ、というのは、なんて素敵なタイミングだろう!と。お客さんにニヤッとしていただければ幸せです」と話している。


映画『アズミ・ハルコは行方不明』

12月3日(土)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー





出演:蒼井優 高畑充希 太賀 葉山奨之 石崎ひゅーい

菊池亜希子 山田真歩 落合モトキ 芹那 花影香音 /柳憂怜・国広富之/加瀬亮

監督:松居大悟(『ワンダフルワールドエンド』『スイートブールサイド』『私たちのハァハァ』)

原作:「アズミ・ハルコは行方不明」山内マリコ(幻冬舎文庫)

配給:ファントム・フィルム

(c)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会