唐々煙による同名コミックの実写映画化作品で、福士蒼汰が主演の映画『曇天に笑う』に、池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太が出演していることが新たに発表された。3人は、300年に一度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)の力を手に入れて、明治政府を転覆させ、世の中を支配しようと暗躍する最強の忍者集団・風魔一族の三人衆<迅影(はやかげ)、霧生(きりゅう)、雷牙(らいが)を演じる。



本作は、明治維新後の滋賀県・大津を舞台に、300年に一度蘇り災いをもたらす大蛇(オロチ)の暴走を阻止するために立ち上がった、長男・天火(福士蒼汰)、次男・空丸(中山優馬)、三男・太郎(若山耀人)の曇天三兄弟が繰り広げる活躍を描く作品。池田、若葉、奥野が扮する風魔一族は、一族の従者としての結束力が強く、一族が復活を遂げて世の中を支配するという使命に命を捧げているとのこと。また、忍として並外れた身体能力を持ち、くないを自由自在に操るという。



今年の6月21日にクランクインした本作は、舞台となる滋賀県を始めとしたロケーションを経て、2017年の春に完成し、同年内に公開する予定だ。


映画『曇天に笑う』

2017年全国公開 予定



原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝

監督:本広克行

脚本:高橋悠也

出演:福士蒼汰、中山優馬、若山耀人

配給:松竹