大今良時による同名コミックを、京都アニメーションが映画化したアニメ映画『聲の形』から、aikoが手掛けた主題歌のPVが解禁。aikoは「痛みや喜び全てを同じ気持ちで感じる事は出来ないからこそ、想う強さを書きたかった」とコメントを寄せた。



本作は、小学生の時に転校してきた、聴覚障害を持つ少女・硝子をいじめてしまった主人公の将也が、かつてのクラスメートたちとの関係を修復していく姿を描く作品。解禁された映像では、原作が大好きだというaikoが手掛けた主題歌『恋をしたのは』にのせて、不器用で、もどかしくて、でも伝えたいことがあふれている将也、そしてヒロインの硝子が送る青春の日々が映し出される。



>



aikoは、先日公開前に行われた完成披露上映会舞台挨拶時に、登壇者へ宛てた手紙で、「『恋をしたのは』は愛する人を想う心の底にある誰にも言えない位揺るぎない強い想いを書きました。心の中は計れないし、痛みや喜び全てを同じ気持ちで感じる事は出来ないからこそ、想う強さを書きたかったんです」とコメントを寄せていた。


映画『聲の形』

公開中





キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織

西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希

佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行

石田将也(小学生):松岡茉優



原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)

監督:山田尚子

脚本:吉田玲子

キャラクターデザイン:西屋太志

美術監督:篠原睦雄

色彩設計:石田奈央美

設定:秋竹斉一

撮影監督:高尾一也

音響監督:鶴岡陽太

音楽:牛尾憲輔

音楽制作:ポニーキャニオン

アニメーション制作:京都アニメーション

製作:映画聲の形製作委員会

配給:松竹