5日(水)都内にて、『聖の青春』の完成披露試写会が開催。森義隆監督をはじめ、主演の松山ケンイチ、東出昌大、竹下景子、安田顕ら豪華キャストが登壇。撮影当時を振り返り、東出昌大は「今日松山ケンイチさんと初めてしゃべるような気持ち」とコメントした。その裏には、森義隆監督の演出と徹底的な役作りが隠されていた!?



本作は、羽生善治と並び「東の羽生、西の村山」と称されながら、29歳の若さで夭折した伝説の棋士・村山聖の人生を師弟愛、家族愛、ライバルとの友情を通して描く感動の物語だ。



松山は主人公・村山聖について「スタート地点に立つまでに一番時間のかかった役でした。村山さんの知り合いの方に会ったり、映像を見て参考にしましたが、それだけではコピーになってしまう。内面を創り上げることで村山聖以上に村山聖になれると思って取り組みました」と本作での役作りについて語った。



松山ケンイチ

松山ケンイチ




村山のライバルの羽生善治を演じた東出も「街中を佇むシーンで、その時に何をしたつもりもなかったのですが、監督が走ってきて『芝居するな!』と言われました」と初日の撮影を思い返した。「芝居の表現とはなんだろうということを考えながら取り組み、精神面を意識しました。本作にリアルっていうものがあった気がします」とコメント。形だけの演技にとどまることなく、その中身となる精神面を充実させる役作りに取り組んだ様子を語った。



東出昌大

東出昌大




森監督は東出に「イン(現場入り)するまで松山と話すな」と厳命し、演出の面からも徹底した役作りが行われていた。それもあって、楽屋でもお互いに話さなかった松山と東出。そんなふたりについて森監督は「映画の中で、自立して本当に村山と羽生が出会っていた」と撮影当時を振り返った。しかし、「ただ、今までちゃんと話していなかったので、今日もあんまりかみ合ってないんですよね(笑)」とコメント。東出も「今日松山さんと話すのは初めてな気分で、昨日の夜からワクワクしていました(笑)」と話した。



徹底した演出について、森監督は「プロ棋士の“内なる闘志”を指先から表情まで滲み出るように撮影に臨みました」とコメント。その演出の中で、安田がこだわった点について聞かれると「セリフを覚えて…ちゃんと、言う。精力を注ぎました!」とコメントし、会場に笑いがあふれた。そんなセリフについて松山は「『負けました』っていうの難しくないですか?」と切り出す。全人生を勝負にささげた棋士にとって非常に重い言葉である「負けました」。本作の徹底したプロ棋士としての役作りの中で、その魅力があふれる注目のワンシーンとしてアピールした。



森義隆監督

森義隆監督




最後に、本作にちなんで「ライバルは誰ですか?」と聞かれた森監督は「松山ケンイチ」と回答。「今回、彼を主演で一本撮って参った!という感じです。自分が想像しているところを遥々と越えていて…監督としてできることをもっと広げて松山ケンイチを倒さなければならないな〜…負けたくない!」と真剣に語りながらも、先ほど松山がアピールしたセリフにのせれたことに「うまいこと言いました(笑)」とお茶目な一面をみせた。



(取材・文/nony)


『聖の青春』

11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開





監督:森義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち』

脚本:向井康介『クローズEXPLODE』『陽だまりの彼女』

出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆/竹下景子/リリー・フランキー

原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)

配給:KADOKAWA