『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』など、常に世界の注目を集めているティム・バートン監督の最新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』が9月30日(金)に全米3522館で公開され、週末3日間の累計興行収入が2850万ドル(約28.8億円 ※Box Office Mojo調べ/以下1ドル=101.3円計算、10月3日現在)となり全米初登場1位を獲得した。数多くの名作を世に送り出しているティム・バートン監督だが、全米で初登場1位を獲得するのは本作が7作目になる。



海外では59か国で公開され週末3日間での累計興行収入が3650万ドル(約36.9億円)となり、韓国では519万ドル(約5.2億)で初登場1位、メキシコでは380万ドル(約3.8億円)を稼ぎ出し初登場1位となった。その他にもスペイン、オーストラリア、ブラジル、台湾などでも初登場1位となっている。今後も、ドイツ、ロシア、イタリア、フランスなどの主要国の公開が控えており、日本では2017年公開予定となっている。



また全世界では9月30日(金)〜10月2日(日) の週末3日間で全世界累計興行収入6500万ドル(約65.8億円)となり、全世界週末累計興行収入No.1に輝いた!



ニューヨーク・タイムズ紙のヤング・アダルト小説のチャートに105週もの長きに渡ってチャート・インし、映画の予告編が発表されると再びチャート1位に返り咲き、現在までに全米で300万部以上を売り上げている大ベストセラーを原作にしたこの本作は、別世界で展開される秘密のファンタジー・ワールドを舞台に、人と“ちょっと違う”ことはステキなことで、「どんなに奇妙でも、ありのままの自分でいること」を肯定し、勇気付けてくれるユニークで暖かな世界観に溢れた作品となっている。数多くの傑作や名作が名を連ねるティム・バートン監督のフィルモグラフィーに、また一本、観る者総てが感動を禁じ得ない新たな代表作が加わることになるだろう。



タイトルにもなっているミス・ペレグリンを演じるのは、『007/カジノ・ロワイヤル』、『ダーク・シャドウ』、『300〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜』等で変幻自在の演技を見せてきた女優エヴァ・グリーン。ティム・バートン監督とは、『ダーク・シャドウ』以来2度目のタッグとなる。更に次世代の若き英国男子、エイサ・バターフィールド(『ヒューゴの不思議な発明』、『エンダーのゲーム』)や、『マレフィセント』でマレフィセントの幼少期を演じ、日本でも“可愛すぎる!”と話題を集めたエラ・パーネルも出演。さらには、誰もが認める名優サミュエル・L.ジャクソンも悪役で出演している。


『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

2017年2月 全国ロードショー



【STORY】

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1同じ一日を繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。



監督:ティム・バートン

出演:エヴァ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L.ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプ

配給:20世紀フォックス映画