11月18日に日本公開を迎える映画『ガール・オン・ザ・トレイン』が、10月4日(現地時間)に、撮影の地となったニューヨークにてプレミアイベントを開催し、主演のエミリー・ブラントを筆頭に、豪華キャストが集結。ブラントは本作について「とても責任感のある仕事だった」と振り返った。



本作は、離婚したばかりで精神的に不安定な状態にある主人公・レイチェル(ブラント)の視点を軸に、「理想の夫婦」が巻き込まれた殺人事件を描くミステリー。映画の撮影地にもなったニューヨークの地に、ブラント、ジャスティン・セロー、ヘイリー・ベネット、エドガー・ラミレスらが登場すると、一目見ようとリーガル・Eウォーク・スタジアムの前にファンたちが詰めかけ、会場は熱狂の渦に包まれた。



レイチェルを演じたブラントは、プラダの鮮やかなグリーンのドレスをまとい、足元をクリスチャン・ルブタンのオープントゥの黒いハイヒールで飾り、ロレーヌ・シュワルツのブレスレッドを身につけ、夫のジョン・クラシンスキーと仲睦まじげに登場。「撮影がニューヨークだったから、とても興奮しているわ!」と顔を輝かせて語るブラントは「撮影したその地で作品を観られるのは、最高な気分よ」とも話し、「スタッフもキャストも、それぞれ意見を持っているから、みんなで思ったことを言い合っていたわ。とても責任感のある仕事だった」と感慨深そうに撮影を振り返った。
















レイチェルが抱える悲しみの原因となった元夫トム・ワトソンを演じたセローは、本作について「人の醜い部分を描く映画」と話し、「物語が進むにつれ、次々に手に汗握る展開になっていくんだ」と作品の魅力について教えてくれた。



消えた“理想の妻”、メガンを演じたベネットは、アメリカのブランドであるアルトゥザラによる胸元のあいたスパンコールの刺繍があしらわれたエレガントなドレスを身にまとって登場し「この瞬間を1年も前から待っていたわ。とても興奮しているの!」とコメント。「作品のミステリアスな部分、そしてキャストの演技が素晴らしいの。原作を読んだ人、そうでない人でもこの映画を楽しんでくれると思う」と作品の出来栄えに自信をのぞかせる。



さらに「他人のことが気になるということは人間の性よ。観客も、観ているうちにこの物語の一部になると思う。映画を観て感動したわ。エミリーの演技から目を離せなくなる」と主演を務めたブラントを絶賛した。一方、ベネット演じるメガンの精神科医カマル・アブディッチを演じたエドガー・ラミレスは「ニューヨーカーがどのように作品を感じるかとても興味深い」と語り、本作を「人の心を掴む映画」とアピールしていた。


映画『ガール・オン・ザ・トレイン』

11月18日から全国公開





監督:テイト・テイラー『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』

脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン『クロエ』

出演:エミリー・ブラント、ポーラ・ホーキンズ、ヘイリー・ベネット、ジャスティン・セロー、ルーク・エヴァンス

原作:ポーラ・ホーキンズ著「ガール・オン・ザ・トレイン」(講談社文庫刊)

配給:東宝東和