西川美和監督の最新作で、本木雅弘主演の映画『永い言い訳』が10月13日に開幕する第11回ローマ国際映画祭の「OFFICIAL SELECTIONに、日本映画として唯一招待されることが決定した。本木と西川監督は、現地で行われる記者会見や上映に参加する予定だ。



ローマ国際映画祭は、2006年に創設され、ローマ市の全面的なバックアップのもと、一般市民が審査を行う、市民参加型の映画祭。第8回では、前田敦子主演作『Seventh Code セブンス・コード』の黒沢清監督が最優秀監督賞を受賞。三池崇史監督の『神さまの言うとおり』がコンペティション部門に出品されていたが、昨年に映画祭がリニューアルされたことに伴い、コンペティション部門は廃止されていた。観客賞の傾向としては、作家性の強い作品が選出されやすいようだ。



『永い言い訳』は、7名で構成されている選定委員の満場一致により選出されており、観客賞獲得の期待が寄せられている。本木と西川監督は、10月16日にローマに向け出発し、現地時間18日の午後にフォトコール、記者会見に参加した後、夜にはレッドカーペットと上映に登場する予定とのこと。


映画『永い言い訳』

10月14日(金)全国ロードショー!!





出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督: 西川美和



製作:『永い言い訳』製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)

原作:「永い言い訳」(文藝春秋刊)

制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 配給:アスミック・エース

(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12