7日深夜、山田孝之主演のドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京系)の初回が放送された。



2011年から始まりシリーズ第3弾。低予算のシュールさが人気で、「今クールで一番楽しみなドラマ」と放送前から話題にあがっていた。



今回も「低予算の割にオープニングかっこよすぎw」と、CGを使った映像とJAM projectの主題歌に開始からいい意味で予想を裏切るものに。



ストーリーは、いきなりラスボスと戦い、負けるという場面から始まる。



その後菅田将暉が盗賊役で現れ戦うが、メレブ役のムロツヨシとの掛け合いに、菅田が演技ではなく本気で笑いをこらえているような様子も見受けられた。



菅田は自身のTwitterアカウントで本ドラマ出演に「夢!叶った!」とツイートしており、視聴者からも「菅田将暉出るとか聞いてない!」「めちゃくちゃかっこよかった」「ゲスト豪華なのにすぐに斬られるとか無駄遣い(笑)最高」と反響が大きかった。



結局ラスボスだと思っていた相手を倒すものの、ラスボスではないことがわかり、ヨシヒコたちの旅がスタートするのであった。



メレブが新たに取得した呪文の「ワキガンテ」がTwitterトレンド入りしたり、8日の昼になっても「勇者ヨシヒコ」がトレンド2位に入ったりするなど、放映されない地域のファンのうらやましがる声も含めて、盛り上がっていた。



>勇者ヨシヒコの記事をもっと読む