この秋注目のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演する星野源。主題歌「恋」も手がけのりにのっている彼が、10月8日放送のTBS「王様のブランチ」内人気コーナー「買い物の達人」に登場した。



このコーナーはゲストが10万円分のお買い物をし、あらかじめ決めたNGワードを言わなければ全商品がもらえ、NGワードを言ってしまうとその言った数の金額分だけ商品が取り上げられるというもの。



前回このコーナーに出演した際は全額ゲットした星野。2度目の今回はスタッフがリベンジに燃えるなか、おしゃれなランプシェードを買ったり、渋い急須を買ったり…と買い物を楽しんだ。



買い物の合間には、星野が役者として出演したドラマのお宝映像放出の一コマも。11年前の「タイガー&ドラゴン」に、なんと丸刈りヘアで出演していた星野の映像が流れると、「特に役作りではなかったんですけど、くせ毛だったので(この髪形に)したかった」と当時を振り返りながら「懐かしい!」を連発していた。



また、風間俊介、生田斗真ら、当時の若手注目俳優とともに出演した深夜ドラマ「アキハバラ@DEEP」では驚愕の白目を剥いた表情を披露。番組リポーター鈴木あきえから「白目のプロ!(笑)」と大絶賛されたのだった。



さて、買い物のほうはNGワード「なんていうか」を言ってしまい、残念ながら全額ゲットとはならなかった。



星野源の関連記事をもっと読む