NYタイムズベストセラーにて21週No.1、サンデー・タイムズ・ベストセラー(UK)にて30週No.1の記録を打ち立てたミステリー小説「The Girl On The Train」の映画化『ガール・オン・ザ・トレイン』が、11月18日(金)より公開となる。



本作は、主人公・レイチェルが毎日の通勤電車の車窓から“理想の夫婦”の不倫現場を目撃したことをきっかけに殺人事件に巻き込まれてしまう本格ミステリー。しかし、原作が世界的ヒットとなった書籍ということもあり、主人公が目撃してしまう不倫現場などの描写が文学的に描かれ、大人のエロティックな世界を堪能できるところも魅力の一つとなっている。



今回は、そんな大人のエロティックな世界観が描かれた書籍原作の映画を3作品ピックアップ!是非、本作を鑑賞する前にチェックしてみてはいかが?



youtube再生回数が1位になった激しすぎるエロス










『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2015)



好評レンタル&発売中




E・L・ジェイムズによるイギリスの官能小説が基になった作品。2015年、世界中を熱狂の渦に巻き込んだ恋愛映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。女子大生のアナ(ダコタ・ジョンソン)は、学生新聞の記者として大企業の若き創始者クリスチャン(ジェイミー・ドーナン)にインタビューをしたことをきっかけに交際に発展、同時に彼の秘密とエロティックな世界に足を踏み入れる事になる。



シンデレラ・ストーリーのような夢のある展開と、年齢視聴制限が設けられるほど激しい性描写が世界中の女性たちを夢中に! ネット上で予告映像が公開されやいなや大騒ぎになり、総再生回数1億回を突破、YouTubeで2014年の映画の予告編再生回数1位する一躍ムーブメントを起こした。



⇒作品紹介・レビューを見る







スピルバーグも絶賛した女性同士のエロス










『アデル、ブルーは熱い色』(2014)



好評レンタル&発売中




2013年に開催された第66回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞した『アデル、ブルーは熱い色』。原作はフランスのグラフィックノベル「ブルーは熱い色」。高校生のアデル(アデル・エグザルコプラロス)は青い髪をした美大生エマ(レア・セドゥ)と出会い、熱烈な恋に落ちていく。



同映画祭で審査員長を務めたスティーブン・スピルバーグ監督が「これは同性愛の物語ではなく、素晴らしい愛の物語だ」と絶賛するなど一級のラブロマンス映画として高く評価されているが、主役二人の身体を投げ出した濃密なラブシーンも同時に高い称賛を得ている。女性同士の激しく切ない愛の物語を描いた作品に、深い共感と感動を抱かずにはいられない。



⇒作品紹介・レビューを見る





<



ロザムンド・パイク演じるミステリアスなエロス










『ゴーン・ガール』(2014)



好評レンタル&発売中




女性ミステリー作家ギリアン・フリンの同名小説を映画化した『ゴーン・ガール』。『セブン』(1995)や『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008)等で有名なデヴィッド・フィンチャーが監督を務め、上質なミステリーと驚きの展開で多くの人を魅了し大きな話題を集めた。



幸せな生活を送っていたとある郊外の夫婦ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)。しかしある日エイミーが失踪し、ニックが容疑者として疑われる。はたしてニックはエイミーの失踪と関係があるのか? エイミーは無事なのか?



この映画のポイントとなるのは何といってもロザムンド・パイク演じるエイミーのミステリアスなキャラクター! 現代のファム・ファタールを体現するかのような、全身で魅せる見事な演技から目が離せない!



⇒作品紹介・レビューを見る







注目の女優ヘイリー・ベネットが魅せる大人エロス



ヘイリー・ベネットの妖艶なエロスにも注目だ!

ベネットの妖艶なエロスにも注目だ!/(C)Universal Pictures




『ガール・オン・ザ・トレイン』(2016)



主人公のレイチェル(エミリー・ブラント)、失踪した“理想の妻”・メガン(ヘイリー・ベネット)、レイチェルの別れた夫の現在の妻・アナ(レベッカ・ファーガソン)、3人の女性の記憶を巡り失踪したメガンの真実に迫る本格ミステリーの結末に世界中が驚愕! 記憶をなくしたレイチェルを演じるエミリー・ブラントの追い詰められた錯乱寸前の演技に終始圧倒される!



またそれとは対照的に、妖艶でミステリアスな“理想の妻”メガンを演じるヘイリー・ベネットも本作を印象付けるポイントに。はたしてメガンはどうなってしまったのか? そして彼女に隠された真実とは? “理想の妻”の失踪を巡り登場人物たちが混乱していく本作。衝撃の結末に息をのむこと間違いなしだ!




『ガール・オン・ザ・トレイン』

11月18日(金) 日本公開



監督:テイト・テイラー『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』

脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン『クロエ』

出演:エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット、ジャスティン・セロー、ルーク・エヴァンス

原作:ポーラ・ホーキンズ著「ガール・オン・ザ・トレイン」(講談社文庫刊)

配給:東宝東和 (C)Universal Pictures