新連続ドラマ『コック警部の晩餐会』(TBS系)に、グラビアアイドル、ファッションモデル、女優とマルチに活躍中の久松郁実のレギュラー出演が決定した。


ドラマは、料理の腕前がプロ級の名刑事が、容疑者たちを晩餐会に招き、犯人をあぶり出すミステリーコメディ。主演は連続ドラマ初主演となる柄本佑。捜査一課特命警部で料理の腕前がプロ級の“コック警部”こと古久星三(こっくほしみつ)を演じる。



久松が演じるのは、小島瑠璃子演じるあずみの同僚・桃。桃とあずみは同じ寮のルームメイトで、ストレスが溜まっているあずみの愚痴を聞くなど彼女をフォローする役柄だ。



これまでに久松は、目標としている女性を「小島」と話しており、これが初共演となる。



久松はドラマ出演について「私はコメディーが大好きなので、どうやってお芝居したら面白いかな? とワクワクしながら考えていました」とコメント。



小島との共演について「大好きな小島さんとの初共演がまさかドラマとは思っていなかったのでビックリしました!バラエティやドラマの撮影で誰よりも忙しくて寝る時間もないはずなのに、現場では疲れを一切見せない小島さんの姿に、またさらに憧れが強くなりました」とコメントしている。



また、「私が演じる桃は、あずみが唯一心を許せる親友の役なので自然体な2人の女子トークの掛け合いができるように頑張りたいと思っています。そして、対照的な2人の面白さが見てくださる方に伝わればうれしいです」と意気込みを語っている。



同ドラマは10月19日(水)深夜24時10分〜TBSにて放送予定。



>ドラマまとめ記事を見る