女優・石原さとみの主演ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の第2話が12日、放送された。


悦子(石原)は、ひと目ぼれした幸人(菅田将暉)を忘れられないでいた。そんな中、幸人は森尾(本田翼)の家に居候させてもらうことになった。森尾は、幸人をモデルとして育成することにした。



悦子は、人気ブロガー・亜季(ともさかりえ)の節約術ブログをまとめた書籍の校閲を担当することに。悦子は自分の節約術を原稿に付け加え、編集担当の貝塚(青木崇高)に戻した。すると、なんと亜季は、悦子がアイデアを出してくれたことを喜んでいるというのだ。悦子は調子に乗り、亜季の本について次々とアイデアを出した。



亜季の本が出来上がった。しかし、表紙に間違いがあり、大問題となった。自分のミスを校閲部の仲間がフォローしてくれて、なんとかピンチを乗り越えたが、責任を感じた。悦子は猛省し、心を入れ替えた。



Twitterでは、先週に引き続き石原のファッションや髪型を絶賛する声が多く、「いろいろ勉強になる」「全部真似したい」といったツイートが目立った。中には「石原さとみになりたい」というコメントも多々あった。



>石原さとみの記事をもっと読む



>ドラマの記事をもっと読む